家族

家族
--------------------------------------------
(連載つづき)

彼はつい最近亡くなった妻のためにお経を読んで欲しいという。国道沿いを歩いて西に向かうお坊さんをみて声をかけ、家に招いたようだ。

「私は修行中のイチ雲水ですがもし私にできる範囲のことであれば」

とことわって仏壇のおかれた部屋で一生懸命お経を読んだ。

彼の家は国道から少し入ったところにあり、不思議な家だったような気もするし、ごく普通の民家だった気もする。彼自身も不思議なおじさんだったが、そんなに不思議すぎるほどではない、ごく普通のおじさんだった気もする。

お経を読んだ後、お茶を頂きながら世間話をしていると、突然彼はこんなことをいいだした。

「君にこの世界で成功する秘密の言葉を教えよう」

今は意味がわからないかもしれないが、どうか覚えておいてほしい、ただしこの言葉は絶対に他の人にいわないでほしい、そう言うのだ。

「わかりました、いいません」

軽い気持ちで僕はこたえた。


(つづく)


星覚 (せいがく)
>>プロフィールを読む 雲水。1981年鳥取県出身。大学卒業後、大本山永平寺にて修行を積む。多くの海外道場に参禅し、現在はベルリンでの坐禅を中心に禅を世界に伝えている。著書に「坐ればわかる」(文春新書)など。