極めてシンプル!! ズッキーニの冷製スープ

極めてシンプル!! ズッキーニの冷製スープ


shoyo01.gif
 久々の投稿です。 皆さま、お久しぶりです。

 いつも通っている産直市に行きますと、色んな形や色のズッキーニに出会います。 私の主催している料理教室 【広島精進料理塾】 では、これまでも色んな方法でズッキーニを調理してきました。

 生徒さんの話を聞いていると、ズッキーニの使い方がイマイチ分からないので、積極的には買わないとのこと。 それを聞いて、なんともったいないことかと・・・(絶句)

 調理法としてはナスと同じような感じでいけますが、ナスよりも甘味が強いのが特徴です。

 ということで、今回は自然な甘さを活かした冷製スープにしましたよ!!



【 レシピ 】 <4人分>
・ ズッキーニ・・・400g(2本程度)
昆布だし・・・600g
・ 天然塩・・・4g(海人の藻塩の場合7g)
・ EVオリーブオイル・・・少々
・ イタリアンパセリ・・・適量


【 作り方 】 出来上がりTIME 30分(冷やす時間は除く)
 <下準備>
・ ズッキーニは、皮をむきサイコロ状に切り分ける。

(1) 鍋にズッキーニと昆布だしを入れて強火にかけ、沸騰したら弱火に落とし串がスッと通る程度に茹で上げたら、火から下ろし粗熱を取る。

(2) (1)をミキサーにかけ、ボウルに移し、天然塩で味を調えたら冷蔵庫で冷やす。

(3) (2)を器に注ぎ、EVオリーブオイルをほんの少し回しかけ、最後にイタリアンパセリを添えて完成。


作り方のポイント
・ 熱い状態でミキサーにかけると、爆発しますので必ず粗熱を取ってください。
・ ズッキーニの皮をむくときには、皮が残らないようにむいてください。出来上がりの色が変わってきます。
・ むいたズッキーニの皮は、生サラダや炒め物に使用しましょう。


ひとこと
shoyo01.gif ズッキーニそのものの美しい色味と美味しさを表現したスープです。 作り方は極めてシンプルなのに、上品で美しい一品になります。 ズッキーニの甘さを引き出すために、塩を少しずつ足して確かめながら調整してください!!




吉村昇洋 (よしむら しょうよう)
>>プロフィールを読む 1977年3月生まれ。広島市街にある曹洞宗八屋山普門寺副住職。 相愛大学非常勤講師。
駒澤大学大学院にて仏教学修士を取得後、仏教を学問する世界から飛び出して実践の場を求め、曹洞宗大本山永平寺にて2年2ヶ月間の修行生活を送る。その後、広島国際大学大学院にて臨床心理修士を取得し、現在臨床心理士としても活動している。 彼岸寺では、2005年より【禅僧の台所 〜オトナの精進料理〜】を展開する。 現在、精進料理のみならず、禅仏教や臨床心理学に関しても積極的に執筆や講演の活動を行っている。