仏教を英語で学ぶとスッキリ!?「仏教を初歩英語で学ぶ会」開講

仏教を英語で学ぶとスッキリ!?「仏教を初歩英語で学ぶ会」開講


ホテルなどに置かれている『仏教聖典』の発行でもおなじみ、公益財団法人 仏教伝道協会による連続講座、「仏教を初歩英語で学ぶ会」が4月より開講されます。

外国人観光客が増加する近年、旅行者の多くは日本仏教寺院も参拝していますが、寺院に関係する英語標記や英文説明は乏しく、せっかく参拝した外国人観光客もただ見て終わるというケースは少なくありません。そこで、そのような外国人観光客に英語で仏教を説明できる人材を育成しようと設けられたのが、この講座です。

でも仏教を英語で学ぶ、というと、難しいものと難しいものを掛け合わせるようで、より難しくなるのでは?ということを思われるかもしれませんが、実はそうではありません。不思議なことに、英語というツールを用いることによって、難解な仏教思想がシンプルに表現され、日本語で学ぶよりも、スッと理解できるようになるのだとか。この講座は、仏教を英語で表現できるように、ということが一つの目的としてありますが、仏教がより理解しやすくなる、より仏教に親しみを持てるという点においても、有意義な講座となっています。

これまでもこの講座が開講され、受講された方からは、「都内のボランティアガイドを務める上でとても役立っている」とか、「通訳の仕事をしているが、英語で仏教を学べる機会はなかったので、とても助かる」といった声や、「英語で仏教を学んで、より仏教の理解が深まった」という声が寄せられているそうです。

講師は、武蔵野大学の教授として仏教を教えておられる、ケネス・タナカ先生。日系三世でもある先生は、アメリカ仏教に精通され、独自の視点から仏教を日英で教えることのできる希有な存在です。人柄も柔らかく、講義中に突然口にされる仏教的アメリカンジョークも人気だとか。もう一人は、英語音声学研究家として様々な教育機関で音声学を教えておられる、ケアリー・タナカ先生。音声学がご専門ということもあり、日本人が不得意な発音やイントネーションについても、講座内でしっかりと教えてくださるそうです。

また本講座は、仏教伝道協会認定の「仏教英語ガイド」プログラムでもあり、全10回の3級コースを受講すれば、3級の「仏教英語ガイド」認定試験を受けることができます。さらにその上のクラスとして、2級コースも設置され、2級取得者は、築地本願寺や増上寺での「英語ボランティアガイド適任者」としての推薦もいただけるのだとか。

仏教を英語から学んでみたい方はもちろん、英語そのものをもっと学びたいという方にもピッタリな、まさに一挙両得な本講座。仏教、そして英語に興味をお持ちの方は、ぜひぜひ受講いただければと思います。


◆仏教を初歩英語で学ぶ会
・3級コース(2017年4月?2018年2月  全10回)
場 所:仏教伝道センタービル 8階
受講料:5000円(10回分一括)
定 員:80名
日 時:午後6時30分?午後8時00分
第1回04月24日(月)
第2回05月22日(月)
第3回06月19日(月)
第4回07月24日(月)
第5回09月25日(月)
第6回10月23日(月)
第7回11月27日(月)
第8回12月18日(月)
第9回01月22日(月)
第10回02月19日(月)  
試験日:平成30年2月10日(土)/受験料:2000円

・2級コース (2017年4月?2018年2月  全10回)
※2級コースは3級認定者のみ受講できます
場 所:仏教伝道センタービル 7階
受講料:5000円(10回分一括)
定 員:40名
日 時:午後6時30分?午後8時00分
第1回04月27日(木)
第2回05月25日(木)
第3回06月22日(木)
第4回07月27日(木)
第5回09月28日(木)
第6回10月26日(木)
第7回11月30日(木)
第8回12月21日(木)
第9回01月25日(木)
第10回02月22日(木)  
試験日:平成30年2月11日(日)/受験料:2000円

お問い合わせ/お申込み:仏教伝道協会(03-3455-5851)

アメリカ流 マインドを変える仏教入門
ケネス タナカ
春秋社
売り上げランキング: 295,592

日下賢裕 (くさか けんゆう)
>>プロフィールを読む 1979年、石川県生まれ。浄土真宗本願寺派の僧侶、布教使。 広島大学人文学部東洋史学科卒業後、本願寺派の教育機関である中央仏教学院、伝道院にて仏教を学ぶ。 現在は故郷の山中温泉にて、本願寺派の若手僧侶が作るサイト「メリシャカ」や「彼岸寺」との関わりを通して、仏教を外に発信するとともに、地元の人たちに愛されるお寺作りに挑戦中。