【フリースタイルな僧侶たち】vol.44 仏教的にどうなの? 生まれて1年、「進化系お守り OMAMO」

【フリースタイルな僧侶たち】vol.44 仏教的にどうなの? 生まれて1年、「進化系お守り OMAMO」

近頃テレビなどで話題のお守り「OMAMO」。ポップな色合いに日本古来の柄と柄を組み合わせた、女子ウケしないハズがないデザイン。「でもどうせ、近頃多いデザイン重視のお守りでしょ」と思ったら、大間違い。このお守り、ただかわいく作ってあるわけじゃないんです。

現代に生きる私たちは、大なり小なりさまざまな悩みを抱えて生きています。なのに、従来のお守りは交通安全やら家内安全やら、決まったものばかり・・・。そこで「バーテンダーがお客の好みに合わせてカクテルを作るように」、私たちの悩みに合わせて僧侶がひとつひとつ祈祷して作られる、究極のオーダーメイドなお守りが「OMAMO」なのです。


「え、待って。仏教ってそんなに人の願い叶えちゃダメだよね?欲を増やすの手伝っちゃダメだよね?」


って、確かにその通り。その大いなる疑問を胸に「OMAMO」を監修する僧侶の元を訪ねたのが、今回の特集。根掘り葉堀り、遠慮なく、つっこんで聞いてきました!


※ 彼岸寺の右サイドバーから最新号のPDFをダウンロードできます!


以下、フリースタイルな僧侶たちHPより転載


ーーーーー


人肌恋しい12月1日、「フリースタイルな僧侶たち」vol.44を発行しました。


表紙に並ぶ、ポップな色合いの和柄を上下に配した、かわいい「お守り」たち。今号では、「OMAMO」と名付けられた「進化系お守り」を特集しました。


日本に伝わる和柄の文様には、様々な意味が込められています。その縁起柄を組み合わせ、どのような願いであっても、それが成就するようにご祈祷してもらえる、オーダーメイドのお守りなのです。


一般的なお守りは、恋愛成就や家内安全など、すでに「ご利益」が決まってしまっています。だけど、選択肢には無い、願いや悩みもあるーーそんな現代に生きる一人ひとりの思いに応えてくれる、自分のためだけのお守り、「OMAMO」。


でも、お守りをカスタマイズできることについて、疑問も湧いてきます。神社やお寺にそれぞれの願いに特化した神様・仏様がいるからこそ、お守りを作ることができるのでは?そもそも一般的なお守りって、どうやって作られてるの?なにより、仏教として、どうなの? 欲を肯定することにならない?

そんな疑問を携えて、本誌「裏編集長」飯村絵理子が、「OMAMO」を監修する日蓮宗の僧侶、酒井智康さんを訪ねました。

「OMAMO」に込められた、酒井さんの誠実な想いとはーー是非ぜひ、ご一読ください。


そのほか、今号の連載は下記の通り。

・連載漫画:「お坊さん日和。」第22話「みらいは、今!」

・Movie Review:「仏教的視点で映画を観てみる。」

・連載企画:「しりとり法話バトル」 第17回のお題は「ノーギャラ」


フリーマガジン配布マップはこちら:http://www.freemonk.net/freemagazine


彼岸寺編集部 (ひがんじへんしゅうぶ)
>>プロフィールを読む 虚空山彼岸寺編集部です。クラウドの彼方より、お手元にコンテンツをお届けします。