【フリースタイルな僧侶たち】vol.43 地下でもお寺でも会える!「今、拝める」尼僧アイドルの素顔

【フリースタイルな僧侶たち】vol.43 地下でもお寺でも会える!「今、拝める」尼僧アイドルの素顔


「え、これはどこかの週刊誌?」と見紛うアイドルポーズをした尼僧さんの表紙とタイトル。10月1日発行の『フリースタイルな僧侶たち』のフリーマガジン43号では、少しばかり心がザワザワする方が特集されています。


奈良県吉野郡の静かな山間のお寺で、副住職を務める中村祐華さん。

彼女は、9年前からライブハウスを中心に「愛$菩薩」の名で法事(ライブ)活動をする、その界隈では有名な尼僧アイドルです。


その存在を知った瞬間に出る反応は、はっきりと2パターン。「面白そう!」と目を輝かせるか、「こ、これは、あかんやつや......」と頭を抱えるか。フリスタの編集長は後者だったようです。でも、実際にライブへ行き、話をする中で、そんな気持ちがひっくり返ったとか。


そうなんです。愛$菩薩の活動は、至極真面目だったのです。


でも彼女はなぜ、僧侶としてはおそらくリスクの高い活動をやり続けているのでしょうか。


そして超弩級インパクトのアイドル名の由来は? 一度見たら夢に出てきそうなコスチュームの理由は? フリスタの編集長が根掘り葉掘り、得意のしつこさで(?)聞き出されたとのこと。


これを読んだら、あなたも今日から愛$菩薩のファンになっちゃうかも?!


※ 彼岸寺の右サイドバーから最新号のPDFをダウンロードできます!


彼岸寺編集部 (ひがんじへんしゅうぶ)
>>プロフィールを読む 虚空山彼岸寺編集部です。クラウドの彼方より、お手元にコンテンツをお届けします。