【12/17】年末、そして京都にカムバック!「メリシャカLIVE 2016」開催決定!

【12/17】年末、そして京都にカムバック!「メリシャカLIVE 2016」開催決定!


前々回は大阪、前回は広島と、京都の地を離れて開催されてきた「メリシャカLIVE」が年末の京都に帰ってきます!しかも出演アーティストは超豪華!


「メリシャカLIVE」は、「音楽」を架け橋に「仏教」に触れるご縁を作ろうと、これまで6回開催され、今年は7回目。毎回豪華なミュージシャンによるライブ、そしてお坊さんの法話、トークセッションなど、「仏教」と「音楽」とを同じ空間で体感できる貴重なイベントとして知られ、特にトークセッションでは、時にはミュージシャンも巻き込み、仏教と音楽とが互いに響き合うひとときが生み出されてきました。


そして今年の「メリシャカLIVE」は「交わる言葉、重なる音。 ひびく、ひろがる、たどりつく―。」がテーマ。音と言葉の響き合いや広がりは、まさに音楽のことを表していると言えるでしょうし、仏教的側面から見れば、「南無阿弥陀仏」という音であり言葉である「念仏」のことを表現しているとも受け取れそうです。


そんな今回の「メリシャカLIVE」に登場するミュージシャンは、Corneliusとしても知られる小山田圭吾さんとタブラ奏者のU-zhaanさん、そして注目のシンガー・ソングライター青葉市子さんによるスペシャルユニット!全くジャンルの異なる音楽性を持つ、3名の個性的なミュージシャンが一体どんな化学変化を起こすのか、音楽ファンには垂涎のゲストとなっています。


さらに今回のもう一つの目玉となるのがトークセッション。今回ミュージシャンの登壇は予定されていませんが、今注目して欲しい、気鋭の2人のお坊さんが出演してくださいます。一人目は真宗大谷派の瓜生崇さん。ネコをこよなく愛し、「響流書房」という電子書籍専門の仏教書出版や、システムエンジニアの経験を活かして「浄土真宗の法話案内」という法話情報サイトを運営されるなど、多岐にわたって活動されています。また、浄土真宗親鸞会という新宗教でのカルトな青春時代を送られた経験から、現在はカルト問題にも取り組まれている、ネコ大好きなお坊さんです。


そしてもう一人のお坊さんは、浄土真宗本願寺派のお坊さんの古川潤哉さん。性やセクシャリティ、恋愛も生きる悩みとしてとらえ、HIV/AIDSの理解と支援、性感染症や望まない妊娠・中絶、思春期の悩み相談をはじめ、「生と性と死」という性教育授業も行うなど、思春期の若者の悩みに向き合うお坊さんです。


こちらのトークセッションも、全くジャンルの違うお坊さん2人が登壇しますので、一体どんなトークが繰り広げられるのかと、今からワクワクドキドキです。「メリシャカLIVE」の顔とも言える、「むかしジョビジョバ、いま坊さん!」の木下明水さんのMCの手腕にも、大いに期待しましょう!


そしてそして忘れてならない、お坊さんによる「法話」もお楽しみに。きっと普段の価値観が揺さぶられるような、新しい気づきに出遇うことができるはずです!


歳の瀬の京都で、仏教と、音楽と、そしてあなたを感じるスペシャルな時間に、ぜひ皆さま、ご参加ください!


●「メリシャカLIVE 2016」

日 時:2016年12月17日(土)

    受付開始 12:30 開場 13:00 開演 13:30

会 場:東本願寺 しんらん交流館 大谷ホール (京都市下京区諏訪町通六条下ル上柳町199)

料 金:前売り3,500円(税込)  当日券4,000円(税込)

出演者:

<MUSIC> 青葉市子with小山田圭吾&U-zhaan

<トーク・セッション>

古川潤哉 (浄土真宗本願寺派僧侶、日本思春期学会理事)

瓜生崇 (真宗大谷派僧侶、日本脱カルト協会理事)

<MC> 木下明水(浄土真宗本願寺僧侶)

チケット:10月1日(土)10:00より、e+(イープラス)にて販売中。

※前売完売の折は当日券の販売はいたしません。予めご了承ください。

主 催:メリシャカ http://www.merry-shaka.com

詳 細: メリシャカLIVE 2016 http://merry-shaka.com/?cid=76


日下賢裕 (くさか けんゆう)
>>プロフィールを読む 1979年、石川県生まれ。浄土真宗本願寺派の僧侶、布教使。 広島大学人文学部東洋史学科卒業後、本願寺派の教育機関である中央仏教学院、伝道院にて仏教を学ぶ。 現在は故郷の山中温泉にて、本願寺派の若手僧侶が作るサイト「メリシャカ」や「彼岸寺」との関わりを通して、仏教を外に発信するとともに、地元の人たちに愛されるお寺作りに挑戦中。