【9/17(土)】お坊さん映画オールナイト上映+TARIKI ECHOライブ&トーク「坊主ナイト」開催

【9/17(土)】お坊さん映画オールナイト上映+TARIKI ECHOライブ&トーク「坊主ナイト」開催


9月17日、お坊さん映画3本立て上映と、真宗僧侶によるお経ダンスミュージックユニット・TARIKI ECHOの京都初ライブを楽しめる「坊主ナイト」が、京都みなみ会館にて開かれます。


「坊主ナイト」は、同日スタートする「京都まちなか映画祭」の初日イベント。立命館大学映像学部の自主ゼミ「Salon Indian301」のみなさんが企画。TARIKI ECHOのおふたりとのトークも仕切ります。


お坊さんと学生さんが、映画を介して交流する楽しい一夜になりそうです。京都旅行のコースに組み込んでもよいかも!?


【開催概要】
9月17日(土)開場 23:00 開始 23:15 翌6:20 終了予定
整理番号付き前売券 2,300円
当日一般 2,500円 学生・会員 2,300円
★お坊さん割引あり!お坊さんの方は、2,300円!
http://bouzu-night.peatix.com/?lang=ja


●TARIKI ECHO(公式ウェブサイト)
http://tarikiecho.jp/


●上映作品紹介

アブラクサスの祭(2010年/日本/113分/35mm)
臨済宗僧侶であり芥川賞作家の玄侑宗久さんの小説を映画化。悩める住職をスネオヘアーが好演し話題になりました。監督:加藤直樹


競輪上人行状記(1964年/日本/99分/35mm)
こちらも実は浄土宗のお坊さんの作品を映画化したもの。「お経のあいまに競輪通い!!車券をみつめて南無阿弥陀仏!」というコピーが刺激的です。監督:西村昭五郎


ファンシィ・ダンス(1989年/日本/101分/35mm)
曹洞宗のお坊さんが修行前に必ず観るというウワサの映画。ひさしぶりのスクリーン上映、お見逃しなく!監督:周防正行


20160917_1.jpg


20160917_2.jpg


彼岸寺編集部 (ひがんじへんしゅうぶ)
>>プロフィールを読む 虚空山彼岸寺編集部です。クラウドの彼方より、お手元にコンテンツをお届けします。