【映画】五体投地だけで旅する巡礼を描くロードムービー『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』

【映画】五体投地だけで旅する巡礼を描くロードムービー『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』

合掌し、両手・両膝・額(五体)を大地に投げ出し、うつ伏せて合掌。立ち上がって数歩歩き、また同じことを繰り返す。チベットには、この「五体投地」だけで聖地・ラサまで巡礼する人々がいます。五体投地とは、仏教でもっともていねいな礼拝の作法のことです。

この夏に公開される映画『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』は、チベットの巡礼たちの五体投地の旅を描いた作品。監督を務めたのは、『こころの湯』や『胡同のひまわり』などで知られる、中国の張楊(チョン・ヤン)。これまでとは違い、ドキュメンタリーの手法でチベットの人々の暮らし、巡礼する姿のなかにあるうつくしさをシンプルに捉えました。


 
lhasa_sabu5.jpg
主人公・ニマの父の法事のようす。チベットの暮らしをそのまま撮影した映像も興味深いです

巡礼たちの故郷は、チベットの東側、中国・四川省にほど近いカム地方マルカム県プラ村。「死ぬときに思い残すことがないようにラサに行きたい」という、高齢の叔父・ヤンペルの願いを叶えるために、ニマは巡礼を決意します。彼らふたりに同行を願う村人が集まり、妊婦や少女を含む11名は、聖地ラサ、そしてチベット西側の聖地カイラス山へと旅を始めます。


五体投地の際に手に履く木靴。
五体投地の際に手に履く木靴。車も走る公道を五体投地で進みます

一般的に、徒歩の速度は時速4〜5km。以前、修行道場から托鉢だけで自坊へ帰られたお坊さんは「毎日30km歩いた」とおっしゃっていました。そのスピードで考えても、2400kmを歩ききるには約80日かかります。ちなみに、一回の五体投地で進めるのはわずか2、3mほど。おそらく、一日に10kmも進むことはできません。

それに、五体投地はまさしく全身運動。一度やってみていただきたいのですが、数回繰り返すだけで筋肉痛を予感します(運動不足ですみません...)。チベットの巡礼は、手には木の靴を履き、大きな皮のエプロンをするのですが、地面にズサーッと伏せることを繰り返していれば、あっと言う間に衣服も靴もすり切れていきます。

lhasa_sabu1.jpg

「地面に這いつくばって2400kmも旅するなんてしんどそう...」。

実は、映画を観る前は、そんなふうに思っていました。ところが、映画を見るうちにだんだん巡礼の人たちがうらやましいような気持ちに...。チベットの巡礼は「命あるすべてのものが幸せでありますように」と、自分自身よりもまず他者の幸せを祈るのだそうです。毎日ただ、そのように祈り、五体投地を繰り返して、夜になるとテントを張りみなで食事をして祈る。その旅路にある人々の表情の穏やかさ。

ラサへの道
1年以上続く旅のなかで季節も移り変わる。車のロードムービーでは考えられない時の流れもグッときました

そんな風に思いながら観ていると、映画そのものが「仏教徒として生きる人生」を表しているようにも感じられました。究極の仏教ロードムービー、とても美しい映画です。みなさんもぜひ、この夏の映画館予定にいかがでしょう?


●映画『ラサへの歩き方〜祈りの2400km(PATHS OF THE SOUL)
監督・脚本:チャン・ヤン 
撮影:グオ・ダーミン 
出演:チベット巡礼の旅をする11人の村人たち
配給:ムヴィオラ
118分/中国/2015/COLOR/チベット語/DCP/16:9/ DOLBY 5.1 
7月23日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開(劇場情報はこちら

●イベント情報
映画上映を記念して、楽しいイベントも企画されています。詳しくは映画公式ウェブサイトにてご確認ください。

『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』公開記念<チベット映画傑作選>
『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』の公開を記念して、チベット映画の秀作2本を日本語字幕付きで上映。どちらも巡礼をモチーフにした映画で、めったに観られない貴重な作品です。両日ともに、上映後にはチベット映画に詳しい東京外国語大学の星泉さんのわかりやすい解説付きだそう。

7月7日(木)『静かなるマニ石』監督:ペマ・ツェテン
7月14日(木)『陽に灼けた道』監督:ソンタルジャ
時間:18:30開場 19:00開映 *上映後トーク付き

会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
主催:ムヴィオラ、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
協力:福岡市総合図書館


チベットを何度も旅して、愛情深くチベットを紹介する著書を多数発表している、作家・渡辺一枝さんのお話を伺うイベント。また、お話の後は渡辺さんを囲んで、「写真集食堂めぐたま」の<めぐたま流>チベット料理とチベットの唄を楽しみます。

日時:8月6日(土)スタート18:00(受付17:30〜)
   お話=1時間 食事と唄=2時間 を予定
会費:3500円(三年番茶&バター茶付)
映画セットサービス:
   ?映画『ラサへの歩き方』前売券を会場でお求めの方
   ?映画『ラサへの歩き方』前売券および当日券の半券をご提示の方に1ドリンクチケット
    (ワイン・ビール・ソフトドリンク)をプレゼントします。
場所:恵比寿/写真集食堂 めぐたま
定員:40名
主催:ムヴィオラ
要予約:ムヴィオラ宛に、電話(03-5366-1545)かメール(info@moviola.jp)でご予約ください。メール予約は、件名を「チベットナイト申込」とし、(1)お名前(2)来場人数(3)緊急時のご連絡先(携帯番号など)をお書き添えの上、メールをお送りください。予約完了メールの返信をもってご予約完了となります。前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。
*満席になり次第受付終了



杉本恭子 (すぎもと きょうこ)
>>プロフィールを読む 大阪生まれ東京経由京都在住のライター。同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒業。お寺取材を経験するうちに「お坊さん」に興味を持ちインタビューを始める。