【11/1-10】お寺×アートで念仏が止まらない!?「十夜フェス」開催

【11/1-10】お寺×アートで念仏が止まらない!?「十夜フェス」開催


11月1日より10日まで、京都市内5ヶ所のお寺を舞台に「十夜フェス」が開催されます。「十夜」という言葉はあまり馴染みがないかもしれませんが、浄土宗の各お寺ではこの10月から11月にかけて「十夜法要」という法要が勤められます。それをさらにより多くの人に体験していただくべく企画されたのが、この「十夜祭」。


「この世において十日十夜の間善行を行うことは、仏の国で千年間善行をすることよりも尊い」という、『仏説無量寿経』の言葉に端を発する「十夜法要」は、十日十夜にかけて不断念仏を行い、阿弥陀仏のお慈悲を感じ、感謝する念仏会(ねんぶつえ)。それをモチーフにしたこのイベントは、お坊さんと京都の芸大生たちが創りあげたというところに、一つ大きな特徴があります。


仏教と芸術とは、一見すればあまり接点がないと感じられるもの。しかし〈生活によりそい、余白を生み出し、人生を豊かにする、「やさしい存在」〉であるという共通項があることに着目し、本来、質を同じくするものであるというスタンスで、お坊さんと芸大生、そして仏教と芸術のコラボによるフェスが今回実現しました。


そんな「十夜フェス」は、"念仏体験"を中心としたアートフェス、ということで、京都市内5つのお寺それぞれで、念仏とアートの両者を堪能できる企画が準備されています。


11月1日から3日は、三寳寺にて「三宝とはアートとお寺と人なり」と題して、三寳寺のお座敷に、三条商店街のお店とのコラボカフェがオープン。京都最大のアーケード商店街である三条商店街の魅力を、お寺と共に発信しようという試みです。それに合わせて、写真や塗り絵、絵画など様々な曼荼羅がお寺を彩る「現代曼荼羅」も展示。公募されている写真を素材に創りあげられる、現代に生きる私たちの曼荼羅は必見。そして夜には三寳寺の「十夜法要」が勤まります。静かな夜のお寺で、ぜひ念仏体験をどうぞ。


11月3、4日は「ニッポン人のお寺を呼び覚ます!」をテーマに、長圓寺にて「みんなのブッ展」が開催。ニッポン人とは?仏とは?という疑問を解きほぐすべく、「仏」をテーマに作品を募集し、それをアート展示するという企画。たくさんの仏さまの姿から、仏とはなにかを感じることができるかもしれませんね。さらには「念仏体験」と「十夜法要」が営まれ、念仏を唱えること、そして法要に参拝することで、念仏のダイナミズムを感じることができることでしょう。


11月4日は他にも法宣寺にて「静×動 LIVE」と題したLIVEペインティングが行われます。京都の芸大生たちが、お寺に設置されたキャンバスを舞台に躍動する様は、もしかすると「他力」に通じる何かを感じられるかもしれません。そして夜にはこちらでも「念仏体験」をすることができます。


そして11月5日から8日は、龍岸寺にて日替わりの企画が展開。お坊さんによる歌や人形劇があったり、木魚のリズムに乗ってからだをうごかす体験型ワークショップだったり、キリスト教の祭典「いのフェス」とがコラボし、各宗教のスペシャリストがガチで対話する「十夜フェスmeetsいのフェス」も開催!さらには各宗派のお坊さんによる日本仏教史を学べる企画もあるなど、実に盛りだくさんの内容となっています。


そして十夜の最後を締めくくる11月9、10日は、誓願寺にて「仏灯す、念仏体験」と題して、お寺の本堂を照らす照明や、証明を兼ねたアート作品を展示。そんな幻想的な空間で、えいゆうさんこと小島英裕さんによる「えいゆうさんの仏教体験」が行われます。念仏体験を通して、本当の「お寺の楽しみ方」を学べる企画です。


と、駆け足でイベントをご紹介してまいりましたが、まだまだご紹介しきれない魅力が満載のこの「十夜フェス」。驚くべきことに、10日間のフリーパスが500円ということですので、興味のある企画に気軽に参加できそうですね。まずは詳しい情報を公式サイトでチェックしていただいて、念仏の世界にどっぷりと浸れる10日間をお過ごしくださいませ!


●「十夜祭(じゅうやフェス)」

期 間:11月1日 - 10日

会 場:三寳寺、長圓寺、法宣寺、龍岸寺、誓願寺 

詳 細:十夜フェス公式サイト http://ju-ya.jp/

    Facebookページ 

    事前予約:https://goo.gl/Wvgtho

主 催:十夜フェス実行委員会

協 力: 龍岸寺 / 長圓寺 / 法宣寺 / 三寳寺 / 誓願寺 / いのフェス実行委員会

後 援:三条会商店街 / KBS京都 / 全国浄土宗青年会 / 公益財団法人仏教伝道協会 / 

            フリースタイルな僧侶たち / 彼岸寺 / 向源 / hasunoha


日下賢裕 (くさか けんゆう)
>>プロフィールを読む 1979年、石川県生まれ。浄土真宗本願寺派の僧侶、布教使。 広島大学人文学部東洋史学科卒業後、本願寺派の教育機関である中央仏教学院、伝道院にて仏教を学ぶ。 現在は故郷の山中温泉にて、本願寺派の若手僧侶が作るサイト「メリシャカ」や「彼岸寺」との関わりを通して、仏教を外に発信するとともに、地元の人たちに愛されるお寺作りに挑戦中。