【11/6-7】女性のために「日常を休む日」を。新潟・東龍寺にて「秋のさわやか坐禅会」開催

【11/6-7】女性のために「日常を休む日」を。新潟・東龍寺にて「秋のさわやか坐禅会」開催


お仕事、家事や子育てに忙しい女性たちに「日常を休む日」を提案する、女性限定の坐禅会「秋のさわやか坐禅会」が開催されることになりました。日程は、2015年11月6日(金)、7日(土)の一泊二日。新潟県・湯田上温泉にある東龍寺で、坐禅、お勤め、精進料理、そして写経などを通して禅の作法が体験できます。


「秋のさわやか坐禅会」は、曹洞宗北信越管区教化センターが主催する初めての女性限定坐禅会。同センターでは、17年前より7月下旬に「親子で学ぼう永平寺雲水体験(以下、雲水体験)」を実施しているのですが、近年は「女性限定の坐禅会を開いてほしい」との声も聞かれるようになりました。


さらに、「雲水体験」の告知を行っていたWeb媒体のスタッフより「脱デジタルで坐禅、精進料理などを体験できる女性限定の坐禅会」の提案書をいただいたことで企画が具体化。今回の初開催へと結びついたそうです。


同センターでは、「家事やお仕事でストレスを感じる女性が多い昨今、『日常を休む日』をテーマにストレスから解放される坐禅会になれば」と期待。また、禅への興味が高まるなか、女性たちに禅の作法で過ごす一日を体験してもらい、次回以降への開催にもつなげたい考えです。


sawayaka_zazen1.jpg
「秋のさわやか坐禅会」では、坐禅のみならず、昨年まで大本山永平寺にて典座職(※修行僧の食事、仏や祖師への供膳を司る)におられた二瓶法道老師より、直々に精進料理を教われる貴重な機会も! もちろん、禅の作法にのっとり食べ物に感謝する食事作法も教えていただけます。


坐禅が初めての方でも、もちろん大丈夫。「坐禅はいいものだ。またやってみたい」と思えるように教えてくださるそうです。夜にはお坊さんたちとフリートーク出来る時間も設けられています。


秋の週末、日常から離れて心ゆくまで禅の世界に浸れる坐禅会に参加してみませんか? もしかすると、忙しい日々のなかでも、心を穏やかに保つ方法が見つかるかもしれません。



開催概要
開催日時:2015年11月6日(金)、7日(土)
会場:東龍寺(〒959-1502 新潟県南蒲原郡田上町大字田上乙1374)
参加対象:18歳以上の女性(定員20名)
参加費用:1万円
持ち物:坐禅のしやすい服装、洗面用具、筆記用具、保険証、着替え、エプロン、常備薬など
申し込み〆切:2015年10月23日(金)
お問い合わせ:曹洞宗北信越管区教化センター(tel: 026-244-7901)
申し込みフォーム:http://soto-hse.jp/sawayaka-zazen/




杉本恭子 (すぎもと きょうこ)
>>プロフィールを読む 大阪生まれ東京経由京都在住のライター。同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒業。お寺取材を経験するうちに「お坊さん」に興味を持ちインタビューを始める。