【9/26】お彼岸の仕上げはお月見&音楽&お茶&法話で極楽体験@増上寺!

【9/26】お彼岸の仕上げはお月見&音楽&お茶&法話で極楽体験@増上寺!


いつもより少し早い秋の訪れを感じる9月、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋などイベント盛りだくさんの時期ですが、お彼岸は仏道修行の一週間ですので「修行の秋」もぜひお忘れなく。


そしてお彼岸の最終日(結願「けちがん」ともいう)の26日にステキなイベントが企画されました。東京タワーの横にそびえる浄土宗大本山・増上寺を会場に、美しいお月さまの下で音とお茶とお寺を感じる優雅な時間。音楽に身を委ね、お茶の香りに包まれ、心身ともにリラックスした贅沢な「ひととき」を過ごしてみませんか?


美しい音楽をプロデュースするのは、千葉県南房総市の薬王寺に作られた音楽スタジオ「monk beat studio」の山口泰さん。見た目と佇まいからお坊さんに間違われる山口さんはNew Yorkでもレコーディング・スタジオを構えたほどの世界的エンジニア。9.11アメリカ同時多発テロ事件を経験し、価値観が大きく揺らぐなかで「日本の音」を見つめ直した結果、故郷で縁のあったお寺にスタジオを作ることになったとか。一時仏門に入ることも考えたという山口さんですから、「monk(僧侶)beat」という音楽制作チームを立ち上げて活躍されていて、お寺・極楽と親和性の高い音色を奏でてくださいます。


※ 山口泰さんについてはこちら
希望と安らぎの「音」を地域から世界へ/Monk Beat 山口泰さん | ローカルニッポン | 無印良品
http://localnippon.muji.com/localist/1087/


また、そのような音楽のなか、夢見ごこちで気がつけば法話が聞こえてきます。その場の音がすべて仏法に聞こえてくるような雰囲気は、まさに「阿弥陀経」に説かれる極楽浄土の世界。そこでは鳥たちの美しいさえずりさえ仏法であると説き示されています。そんな経典の世界を体験できるまたとない機会になるかも。法話をする増上寺職員の吉田龍雄さんは「一般的に音楽は刹那的な美しさが強調されるものですが、ここでは悠久的な音の響きを感じ、そしてそれと重なるように極楽の永続性を法話で伝えていきたい」とのこと。


増上寺で回を重ねる毎に「極楽度」が増している「極楽なひととき」。第7回となる今回は場所を中広間から大広間に移し、より広々と際限のない極楽浄土に近づきました。極楽の如き幻想的な世界へ誘われること間違いありません。秋の夜長、一味違ったお月見を増上寺でしてみませんか? 気持ちよすぎて帰りたくなくなるかもしれませんよ。


■ 第7回 音*お茶*お寺『極楽なひととき』
https://www.facebook.com/otoochaotera


日時:9月26日(土)18:30 - 20:00(開場 18時)
場所:増上寺 光摂殿 大広間(東京都港区芝公園4-7-35)
参加費:3,000円(定員100名 予約制 受付先着順)


menu.jpg

メニュー:
 1.月夜に響くピュアな音波 by 三浦光仁(エムズシステム)
 2.音と音が交わる魅惑のひととき by 山口泰(monk beat)
 3.法話『月の明かり、視ていますか?』 by 吉田龍雄(増上寺)
 4.時を超える鳳笙の奏 by 井原季子(鳳笙奏者)
 5.鳳笙と縄文ビート by 山口泰&井原季子
 お茶 "月の響き" by 田島庸喜(茶通)


月下のお寺「増上寺」にて響き渡る清らかな音韻と茶韻の調べは身体と心を満たして、極楽なひとときとなることでしょう。みなさまのお越しをこころよりお待ち申し上げます。(主催者)


ご予約・お問い合わせ:monk beat records
E-mail:imai@monkbeat.com
TEL:090-6153-0404(担当:今井)


茶通(烏龍茶専門店)についてはこちら
E-Mail:tajima@chatsu.co.jp
TEL:03-5793-8299(担当:田島)


桂 浄薫 (かつら じょうくん)
>>プロフィールを読む