チベット人たちの持つ心に向き合う ドキュメンタリー映画『ルンタ』公開

チベット人たちの持つ心に向き合う ドキュメンタリー映画『ルンタ』公開


7月18日より渋谷シアター・イメージフォーラムにて、池谷薫監督の最新作映画『ルンタ』が公開されます。本作は、チベットの今を映した作品で、中国の圧政に対し、非暴力の抵抗を続けるチベット人たちの「慈悲」や「利他」といった心を描いたドキュメンタリー映画です。


チベットに住む人たちは、心優しき遊牧の民。彼らは、2008年の北京オリンピックの目前に、チベット全土で平和的デモを展開します。それは、決して暴力によらない、非暴力による抗議でした。しかしそれは中国政府によって容赦なく弾圧され、多くのチベット人の命が奪われました。


現在チベットでは、そうした圧政に対し抵抗を示すために、自らに火を放つという「焼身抗議」が後を絶たないそうです。この映画は、そのような現状にあるチベットの人々が守りたいものとは何か、その心の奥にあるものは何かを探っていきます。どんな圧政や弾圧にも屈せず、「非暴力」を貫き通す、チベットの人たちの誇り高いメッセージをきいてください。


チべットの現状と、チベットの人たちの心を知る上でも、必見の映画となっています。


今回この『ルンタ』公開にあたり、「未来の住職塾サンガ」のメンバーである長野県・海禅寺の副住職、飯島俊哲さんにレビューを寄稿していただきました。合わせてご一読ください。


--------------

 ダライ・ラマ14世法王猊下のもと、非暴力の戦いを続けるチベットの人たちは、今崖っぷちに立たされている。そして今、その崖っぷちから、固い決意を胸に抱き、自らに火を放ち、自らが灯明の光となり、私たちに訴えかけている。その止むことの無い苦しみと自由への渇望を・・・。


 「非暴力」。一見すると美しい言葉である。しかしこの「非暴力」を旗印にするチベットの人たちが、今も尚、なぜこんなにも苦しまなければならないのだろうか。ダライ・ラマ法王は言う。「私たちは幸せであるために生まれてきた」と。世界を見回すと、私たちの幸せを脅かす要因の一つに、暴力的な思想とそれに基づく行いがある。暴力に対して非暴力で対峙すること。非暴力という意思を掲げ、暴力を受け続けることの計り知れない痛み。そこでは非暴力側に、並大抵の覚悟がなければ成し得ない道のりがある。チベットの人たちが世代を越えて受け続けている壮絶な苦しみは、いったいどれ程だろうか。


 チベットの今をリアルに想像してみよう。そしてこの映画は、私たちの想像力の翼に追い風を与えてくれる。想像して想像して想像し尽くした先に芽生えるもの。それを大切にしたい。


 「暴力」対「非暴力」。「世界平和」とは何か?チベットの今を知り、私たちの心に関心のアンテナが立った時、チベットの尊い命が灯す焼身という灯明は、その意味を発揮することができる。そして私たち誰もの中にある仏心が共鳴し、次の道を開いていくだろう。そう信じている。


長野県 上田市

海禅寺 副住職 飯島 俊哲

--------------


『ルンタ』は7月18日より渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開されます。その後、全国で随時公開予定となっております。詳しい日程などはこちらからご確認ください。

http://lung-ta.net/theater.html


なお、『ルンタ』公開記念として、7月4日(土)〜12日(日)の期間、下北沢で「チベットを知る」をテーマにしたチベットWEEKが開催されます。興味のある方は、こちらにもぜひご参加ください。

https://www.facebook.com/events/687440561360131/


◆『ルンタ』

7月18日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラム他全国順次公開

監督:池谷 薫 (『延安の娘』『蟻の兵隊』『先祖になる』)

製作:権 洋子

撮影:福居 正治

音響構成:渡辺 丈彦

キャスト:中原 一博

|2015年|日本|カラ―|DCP|111分|16:9|5.1ch|日本語・チベット語|

© Ren Universe 2015

配給 蓮ユニバース

http://lung-ta.net


【お問い合わせ】

配給:蓮ユニバース 〒111-0043 台東区駒形2-1-17-201  03-5830-7202


日下賢裕 (くさか けんゆう)
>>プロフィールを読む 1979年、石川県生まれ。浄土真宗本願寺派の僧侶、布教使。 広島大学人文学部東洋史学科卒業後、本願寺派の教育機関である中央仏教学院、伝道院にて仏教を学ぶ。 現在は故郷の山中温泉にて、本願寺派の若手僧侶が作るサイト「メリシャカ」や「彼岸寺」との関わりを通して、仏教を外に発信するとともに、地元の人たちに愛されるお寺作りに挑戦中。