【7/11(土)】「仏教的人生学科 一照研究室」特別イベント開催!

【7/11(土)】「仏教的人生学科 一照研究室」特別イベント開催!



「これからの社会を担う人たちに仏教をいかしてもらいたい」

 

藤田一照さんのそんな思いから誕生した"本気"の仏教塾、「仏教的人生学科 一照研究室」。

私、小出もお手伝いさせていただいているのですが、

毎回毎回、信じられないほどに楽しく、そして熱い講義が、

笑いの絶えないやわらかな空気の中で展開されています!

仏教書講読、身心相関的ワーク、坐禅・瞑想によって組み立てられた本塾。

知識と身体感覚の両面から、「仏教」の本質、つまり「私」の本質にアプローチしていく

藤田塾長の授業は「圧巻......!」の一言。毎回、感動してしまいます。

 

塾生さんだけじゃなく、たくさんの方にこの塾の空気を味わっていただきたい!

という思いから、7月に、一般公開イベントが開かれることになりました。

本塾主催の後藤サヤカさんからご招待が届きましたので、以下に掲載いたします。

 

特別ゲストとして、作家の田口ランディさんもご登場です!

ご興味ございましたら、ぜひ、お早目にお申し込みくださいませ。

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

研究生と塾長藤田一照と共に、楽しく、かつ真面目に! 人生を「参究」する

「仏教的人生学科 一照研究室」。

この春に開講し、4月・5月・6月と、無事講義を終えました。

 

そして、今回、受講できなかった皆様に、ほんの少しでも

塾の空気感を感じてもらえる機会を! ということで......

前期講義最終日の711日(土曜)に、一般公開イベントを企画させて頂きました。

「仏教的人生学科 一照研究室」でどんなことを研究しているのか?!

などなど、すこしご紹介をさせて頂きつつ......

特別ゲストに田口ランディさんをお迎えし、

塾長・藤田一照との対談トークライブを予定しております!

ご参加、お待ちしております♪

 

(合同会社メイジュ・後藤サヤカ)

 

 

 

「仏教的人生学科 一照研究室」とは......

http://fujitaissho.info/kenkyushitsu


issho1.jpg

 

 

 

【イベント詳細】

日時:711日(土)

時間:18-20時半 ※参加者のみなさまからの質疑応答の時間も予定しております。

場所:墨田区みどりコミュニティセンター

130-0021東京都墨田区緑3丁目73号 

※会場の都合上、場所を変更する場合があります。

特別ゲスト:田口ランディさん

定員:50人 (先着順)

参加費:3500円 ※一照研究室受講生は1000円割引

支払方法:当日受付支払い

締切:74日(土)

主催:藤田一照事務局・合同会社メイジュ

運営:合同会社メイジュ

協力:藤田一照仏教塾「仏教的人生学科 一照研究室」実行委員会

お問い合せ:合同会社メイジュ

 

お申込みはinfo@fujitaissho.infoまで。

メールの件名を、『藤田一照仏教塾「仏教的人生学科 一照研究室」前期申込み』とし、

お名前・年齢・連絡先・職業を明記の上、お申込み下さい。

 

特別ベスト:田口ランディさん

東京生まれ。小説家。20006月、幻冬舎より長編小説「コンセント」を出版し小説家としてデビュー。その後「アンテナ」「モザイク」を発表。初期の長編は三部作と呼ばれ、海外でも高い評価を得ており「コンセント」は英語、イタリア語、中国語、インドネシア語、ルーマニア語など多くの言語で翻訳されている。「コンセント」(中原俊監督)「アンテナ」(熊切和嘉監督)は映画化され、「アンテナ」は第60回ベネチア国際映画祭、第28回トロント国際映画祭正式招待作品となった。その後、日本の象徴としての富士山をモチーフにした短編集「富士山」、現代人の視点から原爆を捉えた短編集「被曝のマリア」など、社会的なテーマに挑んでいる。そのほか、太極拳や坐禅、瞑想などにも興味があり、心と身体を整えるためのイベントを企画している。読書会や、ファンの方同士のオフ会、原子力問題の研究会、介護や看護の講演会など、多岐にわたり活動を行っている。

http://www.randy.jp





小出遥子 (こいで ようこ)
>>プロフィールを読む 1984年生まれ。新潟県出身。早稲田大学第一文学部日本文学専修卒業。編集プロダクション、美術系専門図書館勤務を経て、現在はフリーランスの編集者・文筆家として、仏教系テキストを中心とした編集・執筆活動を行っている。 いのちからはじまる対話の場「Temple」主宰。http://temple-web.net/