【6/28】今年は広島で、平和を願う!「メリシャカLIVE 2015」開催!

【6/28】今年は広島で、平和を願う!「メリシャカLIVE 2015」開催!

クリスマスシーズンのイベントとして定着していた「メリシャカLIVE」。昨年末はお休みして、どうしたんだろうなー?と思った方も多いはず。そんな「メリシャカLIVE」が帰ってきました。今度は6月!?しかも広島!?

これまでも「メリシャカLIVE」は、「音楽」を架け橋に「仏教」に触れるご縁を作ることを意識し、特に東日本大震災後には、私たちの未来について、仏教という"生きる智慧"と"勇気"を与えてくれる教えをもとに、考えていこうということを発信してきました。

そして今年は、太平洋戦争が終わって、70年という節目を迎える年。刻々と移りゆく世界情勢の中にあって、平和とはなんなのか、そして私たちはどんな風に「今」を生きればよいのか、改めて考えてゆきたい。そのような思いのもと、〈pieces of peace - 仏教と、音楽と、〉というテーマを掲げ、今回のイベントが企画されました。

今回のライブに登場するミュージシャンは、向井秀徳さん(向井秀徳アコースティック&エレクトリック)と、二階堂和美さん。向井さんは、2009年に行われた「メリシャカLIVE」の記念すべき第一回目にも登場し、アツいライブを披露してくださいましたが、満を持しての再演!今度は広島の地で、どんなライブを見せてくださるか、とても楽しみです。

そして二階堂和美さんと言えば、彼岸寺ではもうすっかりおなじみですね。歌手としての活動だけでなく、お坊さんの顔も持つ二階堂さん。スタジオジブリの映画「かぐや姫の物語」の主題歌、「いのちの記憶」を手がけたことでも記憶に新しく、映画のテーマとも相まって、仏教を感じさせる歌詞と、その優しい歌声に、涙された方も多いのではないでしょうか。「メリシャカLIVE」でも、その出演が待望されていましたが、ついに、ついに今回、ニカさんに歌っていただけることになりました。

さらには、恒例となりつつあるトーク・セッションでは、釈徹宗さんと二階堂和美さんに登壇いただきます。MCはもちろん、「メリシャカLIVE」の顔とも言える木下明水さん。時に静かに、時に鋭く語りあう2人のトークに来場者の声もクロスする、まさに「メリシャカLIVE」ならではのセッションが繰り広げられることでしょう!

もう一つ、「メリシャカLIVE」のメインとも言えるのが「法話」。お坊さんが最も輝く瞬間である法話を通して、笑いや、驚きや、気づきに出遇うことができるでしょう。今回の法話は、ブッタメ(仏教をエンターテイメントしよう!)を謳い、お寺の枠に収まりきらない様々な活動を展開する浄土真宗青年僧侶「春秋会」の若手僧侶が担当されるとか。

終戦70年の日を間近に控える2015年初夏。広島の地で、仏教と、音楽と、そしてあなたが拓いていく新しい瞬間に、ぜひ立ち会ってみてください!

●「メリシャカLIVE 2015」
日 時:2015年6月28日(日)
    受付開始 14:30 開場 15:00 開演 15:30
場 所:本願寺広島別院 共命ホール(http://www.aki.or.jp/
料 金:前売り3,000円(税込)※全席自由
出演者:
<MUSIC> 向井秀徳アコースティック&エレクトリック、二階堂和美
<トーク・セッション>
釈 徹宗(浄土真宗本願寺派如来寺住職、相愛大学人文学部教授・宗教部長)
二階堂和美
<読経・法話> 浄土真宗青年僧侶/春秋会会員の僧侶
<MC> 木下明水(浄土真宗本願寺派勝明寺副住職)

チケット:5月16日(土)10:00より、e+(イープラス)にて販売開始
※前売完売の折は当日券の販売はいたしません。予めご了承ください。

主 催:メリシャカ 
協 力:春秋会 http://www.shunju.net

日下賢裕 (くさか けんゆう)
>>プロフィールを読む 1979年、石川県生まれ。浄土真宗本願寺派の僧侶、布教使。 広島大学人文学部東洋史学科卒業後、本願寺派の教育機関である中央仏教学院、伝道院にて仏教を学ぶ。 現在は故郷の山中温泉にて、本願寺派の若手僧侶が作るサイト「メリシャカ」や「彼岸寺」との関わりを通して、仏教を外に発信するとともに、地元の人たちに愛されるお寺作りに挑戦中。