名古屋、真宗東西別院にて、手作り市がコラボ!「別院てづくり縁市」開催!

名古屋、真宗東西別院にて、手作り市がコラボ!「別院てづくり縁市」開催!

名古屋市中区にて、「別院てづくり縁市」が、3月28日(土)に開催されます。今回行われます「別院てづくり縁市」は、真宗大谷派の名古屋別院(東別院)にて開催されてきた「東別院てづくり朝市」と、浄土真宗本願寺派の名古屋別院(西別院)で行われてきた「西別院Oneコイン朝市」の、コラボかつ拡大版となるもの。

名古屋の別院で「朝市」が行われるようになったのは、2013年5月から。東別院で毎月28日に「東別院てづくり朝市」が開かれ、そして2014年4月からは、西別院でも「西別院Oneコイン朝市」がスタート。2つの別院は少し離れていますが、同じ地域にあり、同日開催ということもあって、毎月28日は東海地方でも有数の出店数と集客数を誇る定期朝市になりました。

もともと名古屋のお隣、甚目寺で開かれていたてづくり朝市。大きくなるにつれ出店の断りをするほどの規模になるほどの人気に。そんなとき縁あって、名古屋市の中心部、広大な境内をもつ東別院でのてづくり朝市が実現しました。

さらに地域で活動している「NPO法人みんなのコンシェルジュ」からのアプローチが、西別院のお寺としてのスタンスとマッチ。お寺をコミュニティーの場として最大限活用すべく、どなたでも気軽に参加できる朝市を開催することとなり、毎月28日は町をあげての朝市の日となりました。約1年間開催して認知度もあがったおかげで、来場者数も増え、大いに盛り上がっています。

そして定期的に朝市が開かれたり、別院でヨガ教室を行うなどの活動で、お寺の境内に足を踏み入れたことのない方との接点が広がり、その中でかしこまらずに話せる場があるならば、お坊さんと話したりお話聞いてみたいという声も聞かれてきました。そこで行われたのが、若手僧侶による「0874(おはなし)カフェ寺(てら)ス×聞々庵(もんもんあん)」、参加型念仏体験イベント「南無Walk」、境内での屋外布教などの企画でした。多くの方が足を運びやすい土曜日開催となった2月28日の、「西別院Oneコイン朝市」会場において実現し、大変な賑わいとなりました。

IMG_1033.jpg
これらの企画は、朝市などで実現していた「門外から境内へ」というものからさらに発展し、「境内から本堂へ」がテーマでした。とは言え、初めてお寺に来る人に本堂へ入ってきてもらうのは、やはりハードルの高いこと。それならば、まずはお坊さんが境内に出ていこうということで、本堂ではなく境内でお坊さんと話をしたり、一緒に念仏体験ができるブースや企画が準備されました。

天候に恵まれたこともあり、テラスでご飯を食べながらお坊さんのお話を聞いている人、その脇でボール遊びをする子どもたちの姿も見られ、多くの方が思い思いの過ごし方をしていました。お坊さんも親子連れもじいちゃんばあちゃんも、みんなで一緒にお念仏しながら歩くという「南無Walk」では、いつもは出ない声も自然と出てくるもので、境内にお念仏の声が広がり、いつもの朝市ともまたちがう空気感でのイベントとなりました。

そして今月3月28日も土曜日開催、しかも宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要を迎えるということで、「東別院てづくり朝市」と「西別院Oneコイン朝市」とがコラボし更にパワーアップ。地域一体となって盛り上げるべく企画していくとのこと。出店もマルシェを始めフードに雑貨、リラクゼーションなど多岐に渡り、何と300もの店が立ち並びます。ほかにもワークショップや太鼓パフォーマンス、アートイベントなど気になるイベントがたくさんあり、目移りしてしまうほど。

今回もお寺の文化や僧侶と関わる場があったりと、参加型の企画も盛りだくさん予定しています。二つのお寺を結ぶ街一帯が盛り上がる1日。足を運んでみませんか?

■「別院てづくり縁市」
日 時:2015年3月28日(土) 9:00〜17:00
会 場:東別院(名古屋市中区橘2丁目8番55号)
    西別院(名古屋市中区門前町1番23号)
    東西別院周辺地域
入場無料
主 催:真宗大谷派名古屋教区・名古屋別院 宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要事務局
協 力:浄土真宗本願寺派本願寺名古屋別院(西別院)、
   橘・平和・正木・松原・大須 各学区町内会、
   お東幼稚園、名古屋造形大学、 暮らしの市実行委員会、
   NPO法人 みんなのコンシェルジュ、
   東西別院寺町まちづくり協議会、 メーテレ
詳細はこちらから



日下賢裕 (くさか けんゆう)
>>プロフィールを読む 1979年、石川県生まれ。浄土真宗本願寺派の僧侶、布教使。 広島大学人文学部東洋史学科卒業後、本願寺派の教育機関である中央仏教学院、伝道院にて仏教を学ぶ。 現在は故郷の山中温泉にて、本願寺派の若手僧侶が作るサイト「メリシャカ」や「彼岸寺」との関わりを通して、仏教を外に発信するとともに、地元の人たちに愛されるお寺作りに挑戦中。