【フリースタイルな僧侶たち】フリーマガジンVol.32「歌」は自分と向き合う道

【フリースタイルな僧侶たち】フリーマガジンVol.32「歌」は自分と向き合う道

彼岸寺で『フリースタイルな経典談義』を連載中の池口龍法さんが編集長をつとめるフリーマガジン、『フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン』の最新号(Vol.32)が発行されました。


楽器を演奏するお坊さんは珍しくありませんが、ボーカルユニット「キッサコ」のメンバーの一人、薬師寺寛邦さんとはどんな方でしょうか? なんと今号はその薬師寺さんが自ら輪番編集長となっています。さらに四国版も担当されているとか。ぜひ手に取ってご確認くださいね。


以下、フリースタイルな僧侶たちHPより転載




 12月1日、フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン、32号を発行しました!楽器を持ち、ノリノリでポーズを決める3人の男性...しかもひとりは完全に僧侶...。


 気になる表紙の3人組は、ボーカルユニット「キッサコ」の面々です。京都を拠点に活動する「キッサコ」が、伸びやかな声で歌い上げるまっすぐな歌詞は、多くのファンの心をつかんでいます。今号の輪番編集長は、メンバーの一人で臨済宗僧侶の薬師寺寛邦さん。『「歌」は自分と向き合う道』と題し、「キッサコ」結成の道のりや、歌うことと僧侶の行いに共通することなど、たっぷりとお話くださっています。


 ところで、フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジンは30号から新たな試みを行っていることをご存知ですか?じつは、「四国版」が発刊されているのです。薬師寺寛邦さんのいらっしゃるお寺は、愛媛県今治市。そのご縁でフリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン「四国版」が生まれました。


 現在、ニューアルバム『伝言板』発売記念のフリーライブツアー(無料!)で、全国を飛び回っている「キッサコ」。今号の特集を読んで、ぜひライブへ足をお運びください!


 そのほか、今号の連載は下記の通りです。

連載漫画「お坊さん日和。」 第11話は「たからのやま」

連載企画「しりとり法話バトル」 第5回のお題は「留守」です。

イベント情報も充実しています!!


■ フリーマガジン配布マップはこちら:http://www.freemonk.net/freemagazine


桂 浄薫 (かつら じょうくん)
>>プロフィールを読む