【12/15】後藤正文×釈徹宗 再び!「メリシャカLIVE 2013」開催

【12/15】後藤正文×釈徹宗 再び!「メリシャカLIVE 2013」開催


昨年、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギター、後藤正文氏と仏教学者・釈徹宗師、松本紹圭の鼎談が話題となった「メリシャカLIVE」が今年も開催が決定!なんと今年は、再び後藤正文×釈徹宗の対談が行われるという贅沢なイベントとなっているようです。

浄土真宗本願寺派の若手僧侶のコミュニティサイト「メリシャカ!」が行ってきた「メリシャカLIVE」は、今年で5年目を迎えます。それを記念して、今回の「メリシャカLIVE」は相愛大学との共催で、会場をこれまでの西本願寺・聞法会館から、大阪・相愛大学 南港講堂に移して行われるスペシャルバージョンとなっております。普段はオーケストラの演奏などが行われる本格的なホールを使って行われる読経や音楽ライブは、非常に楽しみです。

ライブに登場するのは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギター、後藤正文氏。ミュージシャンとしての活動以外にも、新しい時代やこれからの社会など私たちの未来を考える新聞「The Future Times」を発行するなど、社会とコミットした言動でも注目されるアーティストです。

そして、アコースティックを基調にしたサウンド、彼女の肉眼を通して描き出される歌詞、温かくも芯の強い歌声の三位一体が織りなす音楽性が高く評価される気鋭のシンガーソングライター、岩崎愛さんも出演されます。

DJには、ダフト・パンクを彷彿とさせる異形のスタイルで注目を集め、1stアルバム「ブッダサウンド」のスマッシュヒットも記憶に新しい、浄土真宗本願寺派の住職2人によるDJユニット「Tariki Echo」を迎えます。

そしてこのイベントのもう一つの目玉、「think future―仏教と、音楽と、」をテーマにしたトークセッションでは、釈徹宗師と後藤正文氏による対談が行われます。未来に向けて、今私達ができる事はなにか。そのヒントとなるであろうお二人の対談、どんなことが語られるか、今から楽しみでなりません。最新号の「The Future Times」でも内田樹氏を交えた鼎談が掲載されており、注目必至です。「メリシャカLIVE」ではもうすっかりおなじみ、"むかしジョビジョバ、いま坊さん!"の木下明水さんのMCも、期待したいところです!

そして仏教イベントには欠かせない「読経」と「法話」も見逃せません。きっとお坊さんの本気を感じることができることでしょう。さらには開演前に仏教に親しめるワークショップも予定されており、より仏教を身近に感じることができるイベントとなっております。

"生きる智慧"と"勇気"を与えてくれる「仏教」。そして"生きる力"と"感動"を与えてくれる「音楽」を"生"で体感し、ミュージシャンと仏教者、来場者とが、いまを感じ、未来を想う、かけがえのないひとときを、皆さまぜひお過ごしくださいませ。

チケットはいよいよ11月1日、午前10時から発売開始です!


●「メリシャカLIVE 2013」
日 時:2013年12月15日(日)
    OPEN 14:00 開演15:30(ワークショップ 14:00開始)
場 所:相愛大学 南港講堂
料 金:前売り3,300円(税込)※全席指定
出演者:
<MUSIC> 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、岩崎 愛
<DJ> Tariki Echo
<トーク・セッション>
  釈 徹宗(浄土真宗本願寺派如来寺住職、相愛大学人文学部教授・宗教部長)
  後藤正文
<読経・法話> 浄土真宗本願寺派の若手僧侶
<MC> 木下明水(浄土真宗本願寺派勝明寺副住職)

チケット:11月1日(金)10:00より、e+(イープラス)にて販売開始
全席指定 3,300円(税込)
※前売完売の折は当日券の販売はいたしません。予めご了承ください。

公式サイト:http://ms-live.net/
【mail】merryshakalive@gmail.com
主催:メリシャカ http://www.merry-shaka.com
   相愛大学 http://www.soai.ac.jp

日下賢裕 (くさか けんゆう)
>>プロフィールを読む 1979年、石川県生まれ。浄土真宗本願寺派の僧侶、布教使。 広島大学人文学部東洋史学科卒業後、本願寺派の教育機関である中央仏教学院、伝道院にて仏教を学ぶ。 現在は故郷の山中温泉にて、本願寺派の若手僧侶が作るサイト「メリシャカ」や「彼岸寺」との関わりを通して、仏教を外に発信するとともに、地元の人たちに愛されるお寺作りに挑戦中。