都会の古民家で仏教を学ぶ。高願寺「ハートフル講座」4月開講

都会の古民家で仏教を学ぶ。高願寺「ハートフル講座」4月開講


川崎市、等々力陸上競技場の程近くにあります浄土真宗本願寺派のお寺、高願寺さんにて4月より仏教や浄土真宗に関する3つの公開講座がひらかれます。「ハートフル講座」と名付けられたこの講座は、お寺の本堂ではなく、なんと古民家の建物で行われるのだとか。お寺なのに古民家。いったいどういうことなのでしょうか。


この高願寺さんでは、お寺の新しい施設として、新潟県柏崎市にあった築100年の古民家を移築。その建物を「至心學舎」と名付けられました。「至心學舎」という名前は、「『至心』とは、真実であり阿弥陀如来のお心である」という親鸞の言葉に由来し、「仏さまの智徳に包まれ、学ぶ舎(いえ)」という願いが込められた施設なのだとか。この施設を通して、仏事はもちろん、行事やイベント、お稽古やギャラリーなどの多目的な活用を行い、地域の人達が気軽に立ち寄って「遊んで、学んで」いける空間を創造することを目指しているそうです。


その「学び」の部分として活用の一環が4月よりスタートする「ハートフル講座」です。講座は3種類用意されており、親鸞聖人の声を現代に伝える書物『歎異抄』からその教えを学ぶ『歎異抄に学ぶ』、仏教と国との関わりという日本独特の宗教事情から日本の宗教意識を学べる『日本の仏教の流れから学ぶ』、浄土真宗の教えを基礎から学ぶ講座『浄土真宗のみ教え』の3つとなっております。各講座全12回で、お好きな講座を受講することができるそうです。もちろん、3つすべての講座を受講することも可能です。


どなたでも参加できるこの講座、お近くの方はもちろん、仏教に興味がある方にもぜひご参加いただければと思います。土曜の午後、都会にある古民家で、ほっこり、ゆったり、仏教に触れてみてはいかがでしょうか。



◯高願寺「ハートフル講座」


会 場   高願寺 至心學舍神奈川県川崎市中原区宮内4丁目3-12)
講義時間  14時から16時(途中休憩あり)

各講座は、つぎの3講座


『歎異抄に学ぶ』
開講日 4月13日(土)
講 師 前田壽雄 浄土真宗本願寺派総合研究所東京支所研究員
テキスト 『歎異抄−現代語訳付き』(文庫本)梯實圓(解説)(本願寺出版社)
受講料 全12回 3,000円(テキスト代込)


『日本の仏教の流れから学ぶ』
開講日 5月11日(土)
講 師 小笠原博慧 福泉寺住職 
受講料 全12回 3,000円(資料代含む)


『浄土真宗のみ教え』
開講日 5月25日(土)
講 師 宮本義宣 高願寺住職
テキスト 『拝読 浄土真宗のみ教え』(本願寺出版社)
受講料 全12回 3,000円(テキスト代込)


お申し込み、詳細は高願寺のホームページをご覧ください。

http://www.kouganji.net/


日下賢裕 (くさか けんゆう)
>>プロフィールを読む 1979年、石川県生まれ。浄土真宗本願寺派の僧侶、布教使。 広島大学人文学部東洋史学科卒業後、本願寺派の教育機関である中央仏教学院、伝道院にて仏教を学ぶ。 現在は故郷の山中温泉にて、本願寺派の若手僧侶が作るサイト「メリシャカ」や「彼岸寺」との関わりを通して、仏教を外に発信するとともに、地元の人たちに愛されるお寺作りに挑戦中。