【12/22】アジカン後藤正文出演! 『メリシャカLIVE 2012』開催決定!!

【12/22】アジカン後藤正文出演! 『メリシャカLIVE 2012』開催決定!!

浄土真宗本願寺派の若手僧侶のコミュニティサイト「メリシャカ」主催で行われるイベント、『メリシャカLIVE』が今年も開催決定しました。これまでは「法話 meets Music」をテーマに、素晴らしい「音楽」に出会った時に感動を覚えるように、仏教のお話=「法話」に触れることで仏さまの心を感じて欲しい、というアツい思いのもと行われてきた『メリシャカLIVE』。今年はそんなこれまでのスタイルを脱ぎ捨て、「think future―仏教と、音楽と、」というテーマのもと、私たちの生きる未来への想いを、ミュージシャンとお坊さん、そしてオーディエンスとともに考え、対話し、発信していくライブへとスケールアップしての開催となります。


ゲストとして登場するのは、日本のロックシーンを牽引するバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」のボーカル&ギター、後藤正文さん。バンド以外にも音楽レーベル「only in dreams」の発足や、東日本大震災後、被災地復興や日本の未来について考えるべく発行する「The Future Times」の編集長をつとめるなど多方面で活躍されています。今回はソロでのライブを披露した後、お坊さんとの「パネルディスカッション」にも登壇します。

「パネルディスカッション」には、後藤さん、仏教界のフロントラインで活躍し各方面から注目を集めている釈徹宗先生と、彼岸寺の松本圭介(紹圭)が参加。音楽と仏教のこれからについての鼎談します。「パネルディスカッション」のMCは、「メリシャカLIVE」ではもうすっかりお馴染み、"むかしジョビジョバ、いま坊さん!"の木下明水。音楽と仏教と私たちの未来について、どのようなことが語られるのか楽しみですね。

そして音楽ライブではもう一人、2011年にデビューを果たした京都在住の女性シンガーソングライター「YeYe(ィエィエ)」も登場。「もし、楳図かずおや伊藤潤二作品の主人公が歌をうたいはじめたら」という感覚を素でいくような、ささやかな日常をほんの少しのストレンジさで多次元に綴った音世界を持ち、ソーシャル・ネットワーク世代の非クラスタ型うたうたいと呼ばれる彼女。若さあふれる瑞々しい歌声が、仏前に響き渡ります。

さらに、お寺イベントならではの「読経」と、ほとばしる熱意を持った若手僧侶による「法話」も予定され、盛りだくさんの内容となっている今年の「メリシャカLIVE 2012」。素晴らしい「音楽」と「仏教」に触れながら、皆さんも一緒に、「未来」への想いを紡いでみませんか?


「メリシャカLIVE 2012」
日時:2012年12月22日(土)PM15:30(受付14:30、開場15:00)

場所:「西本願寺 聞法会館」

料金:前売り3,000円(税込) 当日券3,500円(税込)

出演者:

<MUSIC> 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、YeYe (ィエィエ)
<パネルディスカッション> 仏教と、音楽と、わたしたちの、これからと

パネリスト
釈 徹宗(浄土真宗本願寺派如来寺住職、相愛大学人文学部教授、日本仏教学会理事)
松本紹圭(浄土真宗本願寺派光明寺僧侶、蓮花寺佛教研究所研究員、「彼岸寺」編集長)
後藤正文 (ASIAN KUNG-FU GENERATION、「The Future TImes」編集長)

<読経・法話> 浄土真宗本願寺派の若手僧侶
<MC> 木下明水(浄土真宗本願寺派勝明寺副住職)

申込方法:
*公式サイトお申し込みフォームよりネット予約。(11月1日(木)AM9:00よりスタート)
公式サイト:http://ms-live.net/
主催:メリシャカ (merryshakalive@gmail.com






日下賢裕 (くさか けんゆう)
>>プロフィールを読む 1979年、石川県生まれ。浄土真宗本願寺派の僧侶、布教使。 広島大学人文学部東洋史学科卒業後、本願寺派の教育機関である中央仏教学院、伝道院にて仏教を学ぶ。 現在は故郷の山中温泉にて、本願寺派の若手僧侶が作るサイト「メリシャカ」や「彼岸寺」との関わりを通して、仏教を外に発信するとともに、地元の人たちに愛されるお寺作りに挑戦中。