【8/11】お寺の音楽会『誰そ彼 vol.25』にGAKU-MC&ランタンパレード出演

【8/11】お寺の音楽会『誰そ彼 vol.25』にGAKU-MC&ランタンパレード出演


東京・光明寺のお寺の音楽会『誰そ彼』は、10周年にして25回目という節目に、GAKU-MCとランタンパレードをライブアクトに迎えて、2012年8月11日(土)に開催します。法話は彼岸寺の松本紹圭、『神谷町オープンテラス』店長こと木原健さんと共に読経も行う予定です。


『誰そ彼』は、彼岸寺の松本が僧侶になって間もなく、学生時代の友人だった遠藤卓也さんらと共に光明寺ではじめたイベントです。国内外からのアーティストを迎えるライブと、お坊さんの法話・読経を組み合わせた"お寺の音楽会"を作り上げてきました。

ランタンパレード(誰そ彼vol.25に出演)
今回のライブアクトは、アコースティックギターを弾きながらラップする、日本ヒップホップ界のリビングレジェンド GAKU-MCと、曽我部恵一が主催するROSE RECORDSのランタンパレード。質感のちがうふたりのアーティストが、光明寺を舞台にどんなライブを聴かせてくれるのかとても楽しみですね。

10周年記念ということで、『誰そ彼」スタッフリーダー遠藤さんからコメントをいただきました。「お坊さんのホームパーティ」からたくさんのご縁を紡いできた『誰そ彼』、次の10年を作りあげていくのは光明寺へ足を運んでいる「あなた」かもしれません。


-----
2003年の7月19日に、神谷町 光明寺にて初めて『誰そ彼』を始めました。
「お寺の本堂で、大好きな音楽を聴いてみよう!!」という単純な思いつきから
まるで、お坊さんのホームパーティーのように始まった音楽会です。

それが10年目を迎えるまで続いているというのは、お寺だからこそだという実感があります。
お寺という場所は不思議なもので、ご縁を呼びます、共感を呼びます。
昔からそこにあり、今も存在し、これからも無くなりません。
その安心感に惹きつけられて、たそがれ時のお寺に人々が集うのだと思います。

音楽へ、そしてお寺と仏教への感謝の気持ちをいつも思いながら
これからも『誰そ彼』という場を続けていきます。

2012年7月某日 誰そ彼代表 遠藤卓也
-----

お寺の音楽会 『誰そ彼 Vol.25』
日時:2012年8月11日(土) 17:00k~21:00
場所:梅上山 光明寺(http://www.komyo.net/
アクセス:東京メトロ日比谷線 神谷町駅すぐ
出演:GAKU-MC、ランタンパレード(LIVE)、松本紹圭(法話、読経)、木原健(読経)、Fly sound(PA)、Busse Posse DJ's(選曲)、神谷町オープンテラス(Drink)
料金:1,000円 with 1ドリンク
予約:予約フォームより申し込み
問い合わせ:master@taso.jp (アットマークを半角に変更してください)
※光明寺への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

イベント詳細は誰そ彼ウェブサイトでご確認ください→ http://www.taso.jp/
Facebook:http://facebook.com/taso.jp


■関連記事
仏教はオルタナティブである/「誰そ彼」10周年記念 遠藤卓也さんインタビュー
「キミはこの世に向いてないと思うよ」に驚愕!の巻/神谷町オープンテラス店長 木原健さん(1/3)
お寺カフェ店長 無常の風に吹かれて出家の巻/神谷町オープンテラス店長 木原健さん(2/3)
「お菓子を作り、話を聴く」お寺カフェのお坊さんの巻/神谷町オープンテラス店長 木原健さん(3/3)


杉本恭子 (すぎもと きょうこ)
>>プロフィールを読む 大阪生まれ東京経由京都在住のライター。同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒業。お寺取材を経験するうちに「お坊さん」に興味を持ちインタビューを始める。