メリシャカLIVE 2011開催決定!

メリシャカLIVE 2011開催決定! 12月23日(金・祝)に、西本願寺・聞法会館にて、今年も「メリシャカLIVE」が開催決定です!

〈法話 meets MUSIC〉をトータルコンセプトに、一昨年から開催されてきたこのイベント、これまでに向井秀徳やAKI-RA sunrise、U-Zhaan × rei harakamiに大槻ケンヂといった多彩なアーティストを迎えてきましたが、今年も素晴らしい二組のゲストが出演します。  

一組目のアーティストは、ソロのシンガーソングライター、そして再結成も記憶に新しいサニーデイ・サービスのフロントマンでもある、「曽我部恵一」。歌い手としての活動以外にも、音楽レーベルROSE RECORDS主宰、カフェ兼レコード店CITY COUNTRY CITYのオーナーなどのいろんな顔を持つことでも知られます。その自由で幅広い活動から「音楽」にフィードバックされた作品「PINK」を今年4月に発表された曽我部さんの歌。楽しみでなりません。

二組目のアーティストは京都発のインストゥルメタル・バンド「Nabowa」。インストでありながら、メンバーにヴァイオリンを擁し、非常にのびやかで、ポップで、温かい音色が特徴の彼ら。さらにインストだけには留まらず、今年9月には複数のボーカリストとコラボしたアルバム「DUO」もリリースし、注目を集めるバンドです。メリシャカLIVEで一体どんなパフォーマンスが見られるのでしょうか。

そしてこのイベントで忘れてはならないのは、そう、「法話」です。今年も若いお坊さんの法話と、むかしジョビジョバ、いま坊さん!ちなみに新婚!の「木下明水」をMCに迎えたパネルディスカッションも行われます。パネリストは、これまでの参加者の間でも必ず話題に上がるというお坊さん「福間義朝」です。

さらに、西本願寺の施設で開催されるだけあって、どこのお寺イベントよりも読経に力を入れており、日本音楽の源流とも言える美しい声明(しょうみょう)が聞けるのも、このイベントの大きな魅力の一つとなっております。

聴ク、観ル、語ル。未来ヲ、紡グ ―。』をテーマにした今年の「メリシャカLIVE2011」。
さまざまな想いを発信する表現者たちのコラボレーションによるスペシャルなライブを、是非堪能されてみてください。



「メリシャカLIVE 2011」
■日時:12月23日(金・祝)
 (受付14:30、開場15:00、開演15:30 :終了予定18:30)
■会場:西本願寺 聞法会館
■出演:〈MUSIC〉曽我部恵一、Nabowa
    〈読経・法話〉浄土真宗本願寺派 若手僧侶
    〈パネルディスカッション〉木下明水、福間義朝
■チケット:前売予約 3,000円(税込、1ドリンク付き)
      当日券 3,500円(税込、1ドリンク付き)
(前売予約が定員に達した折は、当日券は販売いたしません。
※昨年は予約が早期に定員に達したため、当日券は発行しませんでした)
■定員:350名 全席自由(当日受付順) 前畳席 後椅子席を予定
■お申込み方法:申込みフォームより、ネット予約。
        10月29日 9:00よりスタート!
      (予約開始日時に、サイトに予約フォームが表示されます)
■主催:メリシャカ
■問い合わせ先:merryshakalive@gmail.com

日下賢裕 (くさか けんゆう)
>>プロフィールを読む 1979年、石川県生まれ。浄土真宗本願寺派の僧侶、布教使。 広島大学人文学部東洋史学科卒業後、本願寺派の教育機関である中央仏教学院、伝道院にて仏教を学ぶ。 現在は故郷の山中温泉にて、本願寺派の若手僧侶が作るサイト「メリシャカ」や「彼岸寺」との関わりを通して、仏教を外に発信するとともに、地元の人たちに愛されるお寺作りに挑戦中。