【7/11】「東日本大震災」と「自死念慮」を考える情報交換会

【7/11】「東日本大震災」と「自死念慮」を考える情報交換会

2004年から自殺対策に積極的に取り組む臨済宗僧侶、根本紹徹さんを発起人とする『「東日本大震災」と「自死念慮」を考える情報交換会』が、明日7/11(月)に真宗大谷派名古屋別院にて開催されます。


3/11の震災から4ヶ月経ち、二次・三次災害の報告がメディアから次々と流れてくる中、被害に遭われた方々の深い悲しみや不安の声がニュース・報道番組などから次々と聞こえてきますが、その中でも特に心を痛めてやまないのは、先の生活を憂いての自死であります。


根本さんご自身のブログで公開されている挨拶文を次に引用致します。


  東日本大震災が発生してから、もうすぐ4カ月が過ぎようとしています。
  私は、永年「自殺防止活動」に関わってきましたが、最近、被災地や、震災を取り巻く
  社会状況の中で、自死を考える相談が多くなってきました。


  「自分だけ生き残ってしまった...。早くみんなのところへ逝きたい」
  「避難所にはいられない(ストレスの限界など)」
  「仕事がないから仮設住宅では食べてゆけない。結局避難所に戻るしかない」
  「放射線汚染で仕事ができない」
  「地方に避難したけど、知らない土地での孤独と不安が...」
  「『震災でみんな大変なんだから...』って、自粛ムードで本音を言えない」
  「震災に便乗して仕事を切られた...もう行き場がない...」


  などの声が急増しています。今まで「未来に希望がない」と苦しんでいた人たちは「やっぱりね。
  どれだけ頑張ったって...」と、さらに先が見えなくなり、不安が増しています。二次、三次被害
  と言える精神面での心災は、被災地に留まらず、国内に蔓延しているように感じられます。
  震災当初の人命救助に始まり、仮設住宅の建設、行政の援助など、仕事としての支援、
  あるいは、被災地へ赴いての様々なボランティア活動、募金や支援物資の送付など、
  本当にたくさんの方々が、復興を願って様々な形で支援をしています。
  被災地や震災を取り巻く社会状況の「声」を、様々な立場の人から発していただきたい。
  そして、本当の意味での復興を目指していきたいと思い、この度、情報交換の場として
  『被災地の声、あなたの声、わたしの声』を提案させていただきました。
  どうか、皆さんの率直な「声」を聞かせてください。そして、所属や立場を超えた
  つながりが生まれることを切に願うばかりです。


被災地において被災者支援をされてきた方々の活動報告や多くの一般参加の方々との情報交換は、今日本で何がおきているかを見据えるための重要な機会になると思われます。
参加費無料・予約不要となっておりますので、多くの方に参加していただけますようよろしくお願い申し上げます。


---------------------------------------------------
  関連記事 及び サイト
---------------------------------------------------


彼岸寺の連載『坊主めくり』において、発起人の根本紹徹さんをインタビューした記事がございます。
こちらも併せてお読み下さいませ。
■『坊主めくり』命の大切さを伝える人/根本紹徹さん■
http://www.higan.net/bouzu/2009/09/nemoto-1.html


こちらは根本さんご自身のブログです。
■自殺問題に取組む、根本紹徹のブログ■
http://daizenji.blog116.fc2.com/


---------------------------------------------------
  インフォメーション
---------------------------------------------------
日 時  2011年7月11日(月) 午後3時30分〜午後8時30分
場 所  真宗大谷派名古屋別院対面所
     (東別院:名古屋市中区橘2丁目8番55号)
参加費  無料(開催協力金を募ります) 
対 象  どなたでも参加いただけます
内 容  「東日本大震災と自死念慮」を考える情報交換会
※ 被災者支援における活動報告と個別の談話による情報交換会


日程の詳細
開 場 15:30〜 フリースペースでご自由に談話ください。
        (お茶とお菓子を用意しています)


発 表 16:30〜 山田涼子(愛知ボランティアセンター)
        『ボランティア活動報告』
        黒田真慈(真宗大谷派僧侶)
        『ボランティア活動報告』
        野口孝子(名古屋市健康福祉局障害企画課)
        『つながりがいのちをすくう(ゲートキーパー)』


提 言 18:00〜 加藤祐子(NPOレスキューストックヤード)
        『被災者支援、これからの課題』
        根本紹徹(臨済宗妙心寺派僧侶)
        『東日本大震災と自死念慮を考える』     


交 換 19:00〜 お互いの情報交換、相談等
        フリースペースでご自由に談話ください。


閉 会 20:30  お気をつけて、お帰り下さい。


※問い合わせ先
052-323-3686 (名古屋教区教化センター 担当:蓮容/前田)
http://www.arjuna.jp/flyer/dsn02.pdf
http://www.arjuna.jp/flyer/dsn02_ura.pdf


月澤信貴 (つきざわ しんき)
>>プロフィールを読む 浄土宗僧侶。京都極楽堂書店店主。 1982年京都生まれ。京都は西陣にある松林寺に生を授かり、幼少の頃より仏門を志すが、物心がついた頃から人生を「ネタ」と考えるようになったため、奇妙奇天烈な人生を送るハメになる。 また、クラブなどでのDJ活動やイベントの企画を行いながらも、オモシロイ文化の発信を行うために東奔西走中。