ダライラマ法王、今秋高野山大学を訪問し講演と金剛界潅頂を実施

ダライラマ法王、今秋高野山大学を訪問し講演と金剛界潅頂を実施
ダライ・ラマ法王が高野山大学の創立125周年を記念して、今秋大阪と高野山で講演や金剛界の潅頂を行うことが発表されました。ダライ・ラマ法王の今年の来日は4月29日に護国寺で開催された東日本大震災犠牲者四十九日(七七日忌)特別慰霊法要以来、二度目となります。

まだあまり詳しい情報は発表になっていないのですが、高野山大学の来日に関するウェブサイトには以下のような案内が掲載されています。

 高野山大学では、本学創立125周年を記念し、チベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ法王14世猊下を高野山大学にお招きして、講演、法話、対話、対談をはじめ、チベット密教金剛界マンダラの灌頂を行って頂くことになりました。 
 ダライ・ラマ法王14世猊下が高野山大学を訪問されるのは昭和55年(1980)以来、約30年ぶりであります。今回のご来訪は、真言密教とチベット密教が相互に学術と文化の交流を深め、両密教がめざす済世利人と世界平和の思想を学習することを目的として実現するものです。 
 また、金剛界砂曼荼羅の製作段階から灌頂までを学術的見地に立って綿密に記録し、本学の研究と今後の教育の資料として役立てたいと考えています。この千載一遇の機会に、皆様こぞってご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

高野山大学学長 藤田光寛

例年秋頃の来日され関東、関西を中心に講演や法話をされているダライ・ラマ法王猊下。今年は久しぶりに日本で潅頂を執り行なわれます。「潅頂(かんじょう)」とは、頭に水を灌ぐことを中心とした密教の最も重要な儀式のこと。ダライ・ラマ法王ご自身から密教をお授けいただける、非常に貴重な機会となりそうです。

講演会と潅頂の申込みは現在高野山の関係者を対象に行われており、一般の受付は8月1日より開始される予定です。

それまではとても待てないという方は、いま現在アメリカのワシントンD.C.執り行なわれているカーラチャクラ潅頂の様子が、一部Ustreamで中継されているのでご覧になってみてください。また、2006年に広島県の宮島で行われた金剛界・胎蔵界両界曼荼羅の伝法潅頂の様子は、一部DVD化されています。大変貴重なダライ・ラマ法王ご自身による潅頂の様子も収められておりますので、高野山大学での潅頂に興味のある方は、いまのうちにこちらもチェックしてみてはいかがでしょうか(購入は文殊師利大乗仏教会のウェブサイトで)。

まだ高野山大学のイベント以外にも続報がありそうな様子。キャッチしたらまたお知らせさせていただきますので、お楽しみに。

大阪特別講演:
第1部「ダライ・ラマ法王 般若心経を語るー空から慈悲へ―」
第2部「人生の困難を生き抜く力」
特別講演「高野山の声明」(12:00〜13:00)
日時:2011年10月30日(日)10:00〜16:00(開場 08:00)
会場:舞洲アリーナ(大阪市此花区北港緑地2-2-15)
料金:有料・全席指定(詳細は未発表)

高野山特別法話:
・高野山講演?
ディスカッション「ダライ・ラマ法王 青年僧と語る―高野山管長とダライ・ラマ法王が質問に答える―」
日時:2011年10月31日(月)13:30〜15:30(開場 12:00)
会場:高野山大学松下講堂黎明館(和歌山県伊都郡高野町高野山385)
料金:有料・全席指定(詳細は未発表)

・チベット密教 金剛界マンダラ潅頂
日時:2011年11月1日(火)〜2日(水)の2日間 08:00〜16:00(両日)
会場:高野山大学松下講堂黎明館
料金:有料・全席指定(詳細は未発表)

・高野山講演?
第1部「ダライ・ラマ法王と科学者の対話」
第2部「高野山大学学長、ダライ・ラマ法王と密教を語る」
特別講演「高野山の声明」(12:00〜13:00)
日時:2011年11月3日(木)09:30〜15:30(開場 08:00)
会場:高野山大学松下講堂黎明館
料金:有料・全席指定(詳細は未発表)

申込みについて:
・特別先行受付:『高野山真言宗 宗報』『高野山大学学報』にて、7月1日(金)?31日(日)まで実施。
・一般受付:8月1日より高野山大学のホームページにて開始。

お問い合わせ先:
高野山大学ダライ・ラマ法王招聘実行委員会
FAX:0736-56-2746 メール:koya125@koyasan-u.ac.jp

主催:高野山学園
後援:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(チベットハウス)

松下弓月 (まつした ゆづき)
>>プロフィールを読む 1980年神奈川県生まれ。真言宗僧侶。福生山宝善院で副住職をしながら虚空山彼岸寺では編集長を務める。国際基督教大学卒、青山学院大学大学院文学研究科英米文学専攻博士前期課程修了(文学修士)。好きなものは、映画、温泉、怪談、自転車。