【5/8・14】應典院代表・秋田光彦さんがNHK教育『こころの時代』に出演

【5/8・14】應典院代表・秋田光彦さんがNHK教育『こころの時代』に出演
【追記:5/8】震災の影響で放映が延期になっていましたが、5/8(日)05:00〜06:00、5/14(土)13:00〜14:00にNHK教育テレビであらためて放送されることになったそうです。

大阪・應典院代表の秋田光彦さんが、NHK教育テレビ『こころの時代』に出演されます。秋田さんは、2011年2月に『葬式をしない寺----大阪・應典院の挑戦----』(新潮新書)を上梓したばかり。『こころの時代』には、大蓮寺住職(應典院は大蓮寺の塔頭寺院)として出演されるようで、いつもと違ったお話が聴けるのかも? と楽しみです。

秋田さんは、「つながる仏教」を説き、音楽・演劇・アートなどのイベントに應典院を開放してこられました。3月13日の『こころの時代』では「人をつなぐ 縁を結ぶ」がテーマ。番組では、「縁で結ばれている人々が寄りそい、弱さを共感することで知恵が生まれ、仏の慈悲が生まれる」という、秋田さんが「縁を結ぶ」ことにかける思いを話されるそうです。

"呼吸する寺"や"劇場型寺院""お葬式をしない寺"として全国的に名を知られている應典院は、実は大蓮寺の塔頭寺院です。1997年、戦災で焼けたままになっていた應典院を再建するプロジェクトを、当時大蓮寺の副住職だった秋田さんが担当。かつて、お寺が持っていた地域の教育文化の振興に関する活動に特化し、NPOが運営する「気づき」「学び」「遊び」をコンセプトとした地域ネットワーク型寺院として再生しました。

一方、大蓮寺では葬儀や法事も行うお寺。大蓮寺の住職としての秋田さんは、葬儀や法事・法要を行っておられます。別な顔を持っているように見えるふたつのお寺には、秋田さんの「縁を大切にすることから始まる」仏教への思いが貫かれていると私は思います。

以前、秋田さんは『坊主めくり』インタビューで「ほんのささやかな関係でも、たったひとつの小さな糸口が、これからの生涯を決定してしまうようなこともある。関係性とは何かと出会う場です。そういう関係性を盛り込むために、寺や僕たちの生き方をどう開いていくのかが問題であって、集客するとかイベントすることが目的ではないのですよ」とお話しされています。

秋田さんの言葉を、テレビを通してとはいえ直接聴ける数少ないチャンスだと思います。「噂には聞いたことがあるけれどお会いしたことはない」という人は、ぜひこの機会に番組をご覧になってはいかがでしょうか(杉本恭子)。


NHK教育テレビ『こころの時代』人をつなぐ 縁を結ぶ
出演:大蓮寺住職 秋田光彦
聞き手:西橋 正康
放送日:
3月13日(日)教育テレビ 5:00〜6:00
3月21日(日)教育テレビ 14:00〜15:00
3月13日(日)デジタル 教育3 0:00〜1:00


関連記事)
お寺に生まれる無数の関係性を編集する/應典院代表 秋田光彦さん

※表題画像は、NHK「いのちの時代」ウェブサイトより引用
関連タグ:NHK 教育テレビ 葬式をしない寺 大蓮寺 應典院 カテゴリ:ニュース

コメントする


彼岸寺編集部 (ひがんじへんしゅうぶ)
>>プロフィールを読む 虚空山彼岸寺編集部です。クラウドの彼方より、お手元にコンテンツをお届けします。