彼岸寺から初の説法本『小さな心から抜け出す お坊さんの1日1分説法』が出ました

彼岸寺から初の説法本『小さな心から抜け出す お坊さんの1日1分説法』が出ました


2013年2月、彼岸寺著『小さな心から抜け出す お坊さんの1日1分説法』(永岡書店)が出版されました。不安、嫉妬、怒り、恋愛、物欲など、誰もが抱えてしまう悩みにお坊さんたちがまっすぐに応える説法のほか、坐禅、写経、精進料理、掃除などの「仏教ワーク」も紹介しています。おかげさまでご好評をいただき、発売後1か月で増刷も決定。ちょっと心がザワザワするときに読んでみませんか?

彼岸寺の個性豊かなお坊さんたちがお届けする1日1話の説法集


本書では、悩める心をすーっと軽くするための仏教の智慧を、彼岸寺のお坊さん9名が丁寧に紹介しています。

seppoupages_01.jpg
「人生は凸凹道」と本書の中にもあるように、毎日楽しいことばかりではありません。
私たちは日々の暮らしの中で、傷つき、悩みを抱えながら暮らしています。
心の中が苦しい感情に支配されてしまい息苦しく感じることもあるでしょう。

そんなときに、本書を開いていただければ、心を癒す仏教のヒントが見つかるはずです。2500年以上の時を超えて、今なお活きる仏教の知恵を1冊にぎゅっと凝縮してあるので読み応えは十分です。

各章末には、小さな心から抜け出すための仏教ワークを掲載。

『小さな心から抜けだす 一日一分説法』本文より
「坐禅」「写経」「精進料理レシピ」「掃除」「暗闇ご飯」「土ほとけ」など、普段の生活に取り入れたい仏教の行いを具体的にご紹介します。


『小さな心から抜けだす お坊さんの1日1分説法』について

小さな心から抜け出す お坊さんの1日1分説法
小さな心から抜け出す お坊さんの1日1分説法

彼岸寺著
価格(税込):1260円 判型:B6 ページ数:192ページ
ISBN:9784522431719
出版社:永岡書店

説法してくれたお坊さん(敬称略):松本圭介松下弓月松島靖朗青江覚峰星覚木原健英月吉村昇洋天野こうゆう

こちらで"立ち読み"していただけます。
http://www.nagaokashoten.co.jp/actionbrowser/43171/flash/F_viewer_standard.htm