雲堂

雲堂


坐禅に挑戦してみましょう。
スマートフォン用坐禅アプリ「雲堂」があればいつでもどこでも坐禅をすることができます。
タップするだけで身体を整えるインストラクションが始まり、坐禅のセッションを禅寺の鐘の音が知らせてくれます。

坐禅時間は自由に変更ができます。
勿論「雲堂」はこれだけではありません。
坐禅未経験の方でもネットを通じて動画による詳しい解説をみることができます。
twitterと連携しており、自分が坐禅中であることを自動的に世界中の人に知らせることができる上、24時間内に世界中で坐禅をした人間の数や累積坐禅時間がわかります。
さあ、全てを棚に上げて雲堂(修行僧の坐禅堂)に坐りましょう。
ゆったりした呼吸で坐禅開始の心地よい鐘の音を聞いて下さい。


禅を行う


坐禅開始画面をタップすると木版による準備音が鳴り出します。
音によるガイダンスに従って身体を整えていって下さい。

時至って鐘が3回鳴ったら坐禅の始まり(止静)の合図です。
設定した時間分の線香が燃えていき、坐禅がはじまります。


坐禅中、どうしても眠くなったり集中できないときには親指と人差し指の間にiPhoneをはさみ、両親指の指先を画面につけて合掌して下さい。
undogassyo1.jpgundogassyo2.jpg

















「パシン!」と気が引き締まる音とともに警策が打たれ、禅の言葉が流れます。
警策に打たれた後は一礼し、合掌を解いてください。

時至って鐘が1回鳴ったら坐禅の終わり(放禅)の合図です。




禅の方法を学ぶ

まだ坐禅をしたことがないという方でもはじめやすいように、undoでは動画による解説を用意いたしました。





tsunagaru.jpg界の坐禅仲間とツナガル

 坐禅は独りではできません。古来より山奥に籠り、志を同じくする仲間が雲のように集い、実践し、伝わってきました。それをいつでもどこでも世界中と縁を結んで坐れるようにしたのが、最先端のクラウドコンピューティング。クラウドとは日本語で「雲」。ネット上のクラウドが一人一人の坐禅道場になります。
 「undo」では、今私たちが生きているこの瞬間、世界でどれだけの人がiPhoneの前で坐禅をしているのかが一目でわかります。世界の中で志を同じくしている人がいる繋がりを感じながら、ご自分の坐禅ライフを楽しんでください。






を選ぶ

 坐禅は音により耳から開始(止静)と終了(放禅)を知ります。「undo」では、止静と放禅の音を複数の鐘の中から選ぶことが出来ます。自分が心地良いと思った音で坐禅をしてみてください。ここで流れる音がどこのお寺のどんな音なのかは申し上げません。ただ純粋に音を聴き、ご自分が一番心地よく感じる音をお選びください。




岸寺からのメッセージ

 とにかく何かを求めて右往左往してしまう現代社会。でも何もしなくってもいいんです。自分とは何なのか。その答えを知るのに旅に出る必要はありません。只、そこに静かに坐って身体の声に耳を傾ける。
 身体も心もゆるめることを英語で『undo(アンドゥ)』といいます。ゆったりすわって、呼吸と一体になる。そこに自分の本来の正体が見えるのです。

 さあ、雲堂(undo)で坐りましょう。


20110225_1888284.jpg




c) KOKUZAN HIGAN-JI, WEBIMPACT,INC., hoxaigraphics* all rights reserved
監修:超宗派仏教徒によるインターネット寺院【彼岸寺】
App制作:株式会社ウェブインパクト
Appデザイン:hoxaigraphics*

=Youtube=
ディレクター:古川 哲
カメラマン:山内 大堂/高澤 俊太郎
音楽:高橋 英明