仏教を"歌う"お坊さん/栄福寺 白川密成さん(上)

白川密成さん
「歌う山」栄福寺にて。

いよいよ、『坊主めくり』に『ボクは坊さん。』の著者・白川密成さんが登場します。みなさんはもう『ボクは坊さん。』を読まれましたか? 「等身大のお坊さんってこんな感じなのかな」と思えたり、「お坊さんってこんなふうに仏教に接続するんだ」と納得したり、さらには「あ、私もこんな風に自分の仕事をしよう」なんて思えてしまう、なんとも読後感のさわやかな本です。どうやら、お坊さんの間でも好評みたいで、「ぜひ、坊主めくりしてください!」と"お坊さんからお坊さんリクエスト"も複数いただいておりました(笑)。こんなことってめったにないんですけど。

インタビューでは、『ボクは坊さん。』のこと、ミッセイさんの仏教に対する思い、これからミッセイさんがやりたいこと、などなどについてお話いただきました。今回は、主に本に関するお話を伺っています。

お坊さんのハートに火がついて

――本を読んでいても、実際にお会いしても「ミッセイさんはホントに仏教が好きなんだな」と感じるのですが、仏教を好きになられたのはいつごろからですか?

 
『ボクは坊さん。』と表紙をモデルに作られた人形とミッセイさんの貴重なショット
『ボクは坊さん。』と表紙をモデルに作られた人形とミッセイさんの貴重なショット
 お坊さんに興味を持ったのは小学生の頃です。物心がついてくると、多かれ少なかれ誰もが死ぬことに関心を持ちはじめますよね。僕もまた「死ぬって大問題だ。すごいなぁ。死というものに包まれるんや!」とビックリしたんです。お坊さんは、死を含めた人間の考えられる深い部分まで考えられるんだろうなぁ、と。

――小学生のヒーローって普通はお坊さんじゃないですよね。

 僕は、明るい子どもで友達も少なくなかったけれど、『ビックリマンチョコ』も集めなかったし『ジャンプ』も読まなくて。むしろ、面白くなさそうなもので面白がってみたい、ちょっと天邪鬼なところがあったのかもしれません。たとえば「お坊さんを継いでも大変だしかわいそう」って周囲から言われても、「その方が楽しめるかも」って思ったり。

――じゃあ、仏教そのものに興味を持たれたのは大学生になってから?

 ええ。高野山大学で、「密教とは、その教えのなかで自分の生命が持つエネルギッシュな要素を十全に発揮するための方法論なんだ」とおっしゃる松長有慶猊下の著書や授業に出会って。そこではじめて、宇宙的で、エネルギッシュなものである密教と、当時好きだった音楽やアートって重なる部分があるんやな、という視点を得ることができたんです。松長有慶猊下が最終講義で「自分がやってきたのは人の心に火をつけることだ」とおっしゃったときには、「Light My Fire や! (ロックバンド・ドアーズの)ジム・モリソンみたいや!」と思いました。

――ミッセイさんも「Light My Fire」されちゃったんですね!

 そうそう。「僕も火をつけられた!」と(笑)。先生は、きっと意図的に、そういうメッセージを発し続けておられたんだな、と思いました。

『坊さんからダーリンへ(企画提出あり!)』

――それで『ほぼ日刊イトイ新聞(以下、ほぼ日)』での連載を始められたんですか?

 『ほぼ日』は学生時代から見ていたのですが、住職になってから改めて読んでみると、『ほぼ日』の人たちが、それぞれの立場で面白さを混ぜながら仕事をしているのに気づいて、すごい勇気をもらえたことがうれしくなって......僕は、すぐにうれしくなっちゃうんですよ。

――ミッセイさんは、わりと火がつきやすい......?

 そう(笑)。それで、糸井重里さんに「ありがとう」ってメールを送りたいなと考えていると、「もしかして、24歳で四国で住職をしている僕の日々を書けば『ほぼ日』読者の方にも喜んでもらえるじゃないかな?」って気持ちが出てきて。「ありがとう」ってメールの最後に、企画書みたいなものをちょこっとつけて、サブジェクトには『坊さんからダーリンへ(企画提出あり!)』って書いて送ったんです。(「ダーリン」は『ほぼ日』での糸井さんの呼び名)

 そしたらすぐ、「『坊さん』読みたいと思いました」とお返事をいただきました。「よしっ!」という感じですよね。『坊さん』は7年間で231回という長期連載になって、読者さんからはトータルで何千通というメールをいただきました。ところが、連載終了後にはじめの頃の文章を読みなおしてみると、「仏法は今を生きている人にも意味があるから絶対に伝えたい。しかも、ポップなものを混ぜてやりたいんだ」って気持ちにすごくあふれているんですよ。あ、これは24歳の自分に負けるなと思いました。

――当時の自分に燃えさかるものが見えたんですね。

 7年前の自分に火をつけられたんです。それで「この言葉を発したのは自分やぞ」ということを、本というカタチにして自分に突きつけておこうと思いました。もしかしたら、あのときの気持ちのままで書籍化していたら、違った本になったかもしれません。『ボクは坊さん。』は、ミシマ社さんと一緒だったからこそ制作できた本だと思います。

「もう一度はじめから」と編集者さんに言われて

――ミシマ社さんとのご縁はどんなふうに始まったんですか?

 
石のカエルとミッセイさん人形のいたずらショット
石のカエルとミッセイさん人形のいたずらショット
 雑誌『Re;S(第9号)』で、代表の三島邦弘さんのインタビューを読んだことがきっかけです。三島さんの「結局は一つひとつをていねいに作り、熱を持ってそれを届けるしかない」というお話に、「これは僕たちが仏教を伝えるうえでも共通するものがある」と思い、グッと惹かれたんですね。メールを送ってみたら、偶然にも「明日、今治に行く予定があるからお会いしましょう」とお返事が来たんです。

――すごい。ナイスタイミングですね。

 はい。ネットで連載したものに少し加筆してまとめたものを読んでいただいたら、「もう一歩いけると思うんです。非常に失礼ですが、もう一度頭から書き直しませんか?」と伝えられました。作業自体は大変でしたが、実際に書き直してみると、32歳の僕の文章で書く方が今の自分の文体になっているなと思えましたしね。また、今から考えると、書きなおしたことでまったく深度のちがう、多面的な本にすることができました。

――書き直しには一年半ちかくかけられたとか。

 「たぶん、暑いときに読む本じゃないから寒い季節に出したい」と話していたら、翌年の冬になってしまったというオチがつきました(笑)。三島さんは「著者の初めての著作はデビューアルバムだから、その人のすべてが入っていなければ。だからこだわりたい」とおっしゃってくださって。僕のこれからを考えて、一人の人としてきちんとつきあってくれる人に出会えたということが、ものすごくうれしかったです。

 三島さんの過去のお仕事を見せていただいて、そして直接お話してみて「三島さんという編集者の色のなかで得るものが絶対にある」と思っていました。書くのは僕ですから、僕の色みたいなものは絶対に出てきます。だからあえて、できるだけ彼の色のなかでやってみたいという気持ちもありました。

――読んでいて、お坊さんの日常からグッと深く仏教へと潜っていける感じが面白かったです。

 青春コメディだったり、仏教エッセイだったり、名言集だったり。いくつもの要素がある本だと思います。僕は、お坊さんになったとき、見るものすべてが新しかったんですね。その思いの中で書いた本ですから、『ボクは坊さん。』は二度は書けないタイプの本なのかもしれません(続きは来週に!)。


プロフィール

白川密成/しらかわ みっせい

1977年愛媛県生まれ。栄福寺住職。高校を卒業後、高野山大学密教学科に入学。大学卒業後、地元の書店で社員として働くが、2001年、先代住職の遷化をうけて、24歳で四国八十八ヶ所霊場第五十七番札所、栄福寺の住職に就任する。同年、糸井重里編集長の人気サイト『ほぼ日刊イトイ新聞』において、「坊さん――57 番札所24歳住職7転8起の日々――」の連載を開始し2008年まで231回の文章を寄稿。2009年『ボクは坊さん。』(ミシマ社)を発表。現在(2010年7月)までに7刷を重ね、各界に静かなブームを起こしている。


高野山真言宗 府頭山 無量寿院 栄福寺
http://www.eifukuji.jp/
四国八十八ヶ所霊場の第五十七番札所。嵯峨天皇勅願寺と伝えられる。弘仁年間(810年?824年)に弘法大師が今治に立ち寄った際、海上の安穏を祈願して府頭山の山頂にて護摩法を修法すると、満願の日に海上から光あふれる阿弥陀如来が現れた。この阿弥陀如来を本尊として建立されたお堂をもって創建とする。さらに、貞観元年(859年)に行教上人が九州の宇佐八幡の分社を京都の男山に建立するため、瀬戸内海を航海中に暴風雨に遭って今治に漂着したときに、府頭山が男山に似ていることに驚き、山頂の阿弥陀如来を本地仏として八幡神を祀り神仏習合の八幡宮を建立。しかし、明治政府による神仏分離令により、お寺は山の中腹の現在地に移転したという。

〒794-0114 愛媛県今治市玉川町八幡甲200

白川密成さんの言葉に出会える場所

『坊さん』―57番札所24歳住職7転8起の日々。「坊さん」―57番札所24歳住職七転8起の日々―
http://www.1101.com/bose/index.html
24歳で突然住職になったミッセイさんが、『ほぼ日刊イトイ新聞』に「Light My Fire!」されてスタート。7年間で、231回もの長期連載になりました。『坊さん』は24歳から31歳のミッセイさんの言葉がライブ録音されているような印象。『ボクは坊さん。』を読んでから再び『坊さん』を読み返すと、「あの頃」のミッセイさんに会えるような気持ちになり、とても味わい深いです。


ボクは坊さん。/白川密成のサムネール画像ボクは坊さん。(ミシマ社/2009年)
http://www.mishimasha.com>
『坊さん』とミシマ社との出会いによって生まれた、ミッセイさんのデビュー作。青春コメディのようであり、仏教エッセイのようでもあり、同じ時代に生きる等身大のお坊さんを感じることができます。『ほぼ日』連載にはなかった、お釈迦さまと弘法大師の言葉が挿入されているのもポイント。「お坊さんの日常は、こんな風に仏教に接続しているんだな」と思えたりします。個人的には、お坊さん初心者のみなさんにおススメです。

山ラジオ(ポッドキャスト)
http://www.eifukuji.jp/series/radio/
ほぼ月一回更新される、ミッセイさんのポッドキャスト番組。お坊さんの声って、お経で鍛えているせいかとても心地よいもの。それに、声で聴くミッセイさんの言葉もまた新鮮ですので、ぜひ試しに聴いてみてください。

となりの坊さん
http://www.mishimaga.com/tonari-bousan/
ミシマ社のウェブマガジン『ミシマガジン』でスタートした新連載。「仏法に触れたことで、ここはできたよ。できないことも、ずいぶん多いけれど」というスタンスで、できることから始めてみようとする"途中の仏教"を提案し、ウェブ上で行う仏教ワークショップを試みておられます。「仏教っていいかもしれないけど、どうやるの?」と思っている、「やってみたい派」のみなさん、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。


杉本恭子 (すぎもと きょうこ)
>>プロフィールを読む 大阪生まれ東京経由京都在住のライター。同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒業。お寺取材を経験するうちに「お坊さん」に興味を持ちインタビューを始める。