ストライプ たいへん!しまもようになっちゃった

ストライプ たいへん!しまもようになっちゃった


すこしまえ、Facebookで皆のプロフィール写真が一斉に虹色に変わりました。
そんな風景をスマホでスクロールしながら、思い出した一冊の絵本があります。


ストライプ たいへん!しまもようになっちゃった

ストライプ―たいへん!しまもようになっちゃった


カミラ・クリームというリマ豆が大好きな女の子の物語です。
表紙をご覧のとおり、カフカの変身級のインパクトのある絵本です。


ほかの人の目ばかり気にして、自分の気持を正直に表せない女の子。シンプルなストーリーですが、ページをめくるごとにインパクトのある絵が登場し、のめり込めます。ページをめくるごとに、関西弁でいうと「えらいこっちゃ!」になってきます。ああ、このシーンはあれと似ているなぁ・・・現代人の姿を皮肉っているようで現実的な安心感もあります。


この本では、ストライプ・虹色が象徴的に使われています。自分の気持をおさえ、空気を読み、世間に合わせようとする姿です。Facebookで皆の顔がストライプになっている暫くの間、このストーリーを思い出し、とても滑稽でした。(皆がプロフィール写真を変更している理由や表現意図は共感します)


インターネットでとても便利な社会になりましたが、皆が見ている世界は多様な世界、虹色どころか、どんどん狭くなっているように感じます。本来の色味、「ほんとうのこと」が見えにくくなっているとすると残念ですね。そんな場所で「ほんね」を言うから、お前は炎上するんだ・・・というツッコミはなしということで。


合掌 南無阿弥陀仏 松島靖朗拝



松島靖朗 (まつしま せいろう)
>>プロフィールを読む 浄土宗法性山専求院安養寺副住職。1975年生まれ。早稲田大学商学部卒業後、9年間のITビジネスマン生活を経て奈良県にある実家のお寺に戻り浄土宗僧侶として修行の日々を送る。旅行・登山・サーフィン・温泉・美味しい物が好きで毎朝読経のあとの日経新聞が欠かせません。