目次 > 彼岸寺とは

・彼岸寺ってどんなお寺?

彼岸寺は、インターネットに存在するお寺。
誰にでも開かれ、いつでもどこからでも、気軽に仏教にアクセスできる。
そんな架空のお寺です。

・彼岸寺のこれまで

彼岸寺がスタートして、10年あまりが経過しました。
開基の松本紹圭をはじめとして、たくさんのお坊さんとの関わりの中で、
この彼岸寺は運営されてきました。
いえ、お坊さんだけではありません。
仏教の教えに出会い、
仏教を自らを照らす灯火としていこう、そしてお坊さんと一緒に仏教を応援していきたいーー
そんな想いを持った人たちもこの彼岸寺に集まってくれるようになりました。
彼岸寺ではそんな人たちを「co-Buddhist」、
「仏教と共にある人」と位置づけ、活動を共にしています。

・彼岸寺の目指すところ

彼岸寺の目指すところは、とてもシンプル。
それは、一人でも多くの人が、仏教とのご縁=「仏縁」に出会っていただくこと。
とは言え、仏教とのご縁は、人それぞれ、いろんな形があります。
お寺の子ども会や、お寺のイベントなどの楽しい経験を通して出会う方。
大切な方との別れという悲しみの中から出会う方。
あるいは、お坊さんの書いた本や、仏教のエッセンスが詰まった言葉から、
仏教とのご縁が生まれる方など、様々です。
そんないつどこで出会うかわからない不思議な「仏縁」。
だからこそ、この彼岸寺では、仏教とのご縁が生まれる可能性のある何かを、
いろんな形で皆さまに提供していきます。
例えば、仏教やお寺にまつわるイベントの情報であったり、
仏教のまなざしから社会の出来事を見つめるコラムであったり、
仏教に触れる中でふと気づいたエッセイであったり。
そのような仏教にまつわるいろいろな何かを、
時に楽しく、時に真剣にご紹介することで、
皆さまと仏教のご縁が生まれる一助となること。
それが彼岸寺の目指すところです。

主な活動

彼岸寺書籍一覧をご覧ください

彼岸寺への講演や取材、執筆のご依頼、その他お問い合わせはこちらからどうぞ。

お問い合わせへ